2018年10月07日

パンが売れない理由を考える会 その1 相談者P助さんより

 こんにちは、パン助です。

今日は、「パンが売れないのですがどうすればいいですか?もしよければ売り場のアイデアや、こうしたらいいんじゃないかとかアドバイスを読者のみんなからもらえたらいいなと思います。
よろしくお願いします。」とP助さんから相談がありましたので、ご紹介します。

まず、相談者P助さんのお店の売り場です。
IMG_3404.JPG

IMG_3405.JPG

IMG_3406.JPG

IMG_3407.JPG

パン助「なるほど。まず、P助さんの思う問題点はなんでしょうか?」

P助「えっと、、、そうですね、まず、スーパーの入り口にあるんですが、とても風が強いのでパンのニオイが全然しなかったり、焼き鳥屋が来ると煙で埋め尽くされたり、あと虫がとてもおおくて袋詰めしないとすぐにパンが乾燥したり虫が来てしまうので、パン屋っていうよりはパンがただ並べてあるって感じが強いです。」

パン助「ふーん、そうですか。」

P助「あと元々あるパン屋を居抜きで使ったので、天井のライトが固定されていて逆光でうまく光が当たってなかったり、演出面でももっとおいしそうにパンが見えればなぁと。」

パン助「へぇ、大変ですねー。ライトは動かせないなら仕方ないですねー。客数と売上はどうです?」

P助「すごく波のある立地で、お客さんが多い特売日で今は4万円台、平日は3万円台でしょうか。客単価がとても低いのも悩みで、平日は100人前後のお客さんが来るのですが客単価が300円前後。ほとんどの方がパンを一つ二つ買って100円前後の場合が多いです、、、。」

パン助「ふぅん、波があるといっても売り上げはそんなにかわらないんですねー。その理由はなんだと思います?」

P助「うーん、立地でしょうか?なんだか通り道という感じで、お店のパンの前を通って試食を食べるお客さんはとても多いのですが、おいしいと言う人もいれば、硬いと言って苦い顔する人もいます。基本的にはお店をぐるりと回ってそのまま帰るお客さんがとても多いです。試食を置いておくと30分で空になりますが、お客さんがその間に1人も買わないなんてことがよくあります。個人のパン屋と違って通り抜けやすいというのもあると思います。」

パン助「確かに、立地はあるかもしれませんが、それは言ってもどうにもならないでしょう。」

P助「でも、、、」

パン助「他にもあるんじゃないですか?もっとお客さんが来ない決定的な理由みたいなものが!?」

P助「パンが不味いのでしょうか、、、」

パン助「さあねぇ、自分ではどう思うの?」

P助「国産小麦を使っていて生地は無添加ですけど、一応全部手作りですし」

パン助「お客さんは小麦がどうこう言ってもおいしいかどうか、見た目が美味しそうかどうか、そこなんじゃないの?それが伝わらなきゃいくらおいしくても意味が無いでしょう」

P助「だからそれを試食で食べてもらって、、、」

パン助「結局ね、買わない人に試食配っても何の意味も無いんですよ。買う人に絞って試食を食べてもらわないと!」

P助「はぁ、そうかもしれないですけど」

パン助「いやね、P助さん、僕もわかるんですよ。P助さんの気持ちは痛いほどよくわかる。まるで僕が相談してるかのようですよ。でもね、売れない売れないと言い訳ばかり探していても、何も解決しないでしょ。(どの口が言うんだ)確かに、どうにもならないこともあるんですけどね。それでもフェイスブックやツイッターなんかのSNSで発信したり、パン教室やったり、チラシ配ったり、やれることをみんなやるんですよ。それでダメなら仕方がないじゃないですか。」

P助「そうなんですよね。僕もそう思って、年内で店を閉める事にしたんですよ。でも、せめて閉めるにしても何か解決できないかなって。それで、その、、、言いにくいんですけど、パン助さんは別に事業うまくいってるわけじゃないので、その読者の方々に意見もらえたらなって、、」

パン助「え、、、な、なるほどね、、そうだね、、うん。確かにうまくいってないね、、、」(やめてあげて)


パン助「ということでね、P助さんの相談でした。こうやって画像を取り入れていろんな人にみてもらうのもなかなかいいアイデアかもしれませんね。ただね、僕も画像を載せていて思ったんですが、店の欠点を見て改善してほしいはずなのに、映りが良くなるようにと少しでもいい所ばかり映そうとするんですよね。」

パン助「例えばこの画像も、パンを置く台が統一感無くてバラバラだったり、映してない部分でよく見ると物が乱雑に置かれてたり、小汚い部分や埃があったり、ドリンクケースの補充がされてなかったりして、お客さんて意外とそういう所みてたりするんですよ。他にも、スタッフが少なくてパンが並ぶのが遅かったり、いつも決まった時間にパンが無かったりなど、お客さんは来る時間が限られてるから欲しい時間に無いと結局別の所で買ってしまいます。だからやっぱり直接その場に行ってみて客観的な視点を持つっていう事も大事なんじゃないでしょうか。(一番いいピークの所だけ画像にとっても、結局そうじゃない時にお客さんが来ていたら意味が無いので)」

 今回はお試しですが、他の人のパン屋の画像を見るのって楽しいですよね。僕もP助さんの画像を見て、自分がお客さんに見せたいところがこれでわかるけど、実際にお客さんが見ている所は違うんじゃないかとか見てる視点を考えることも大事なんだなと思いました。なので、自分のお店の写真を撮ってみることも結構発見があると思います。

 それではパン助でした。

 
※当ブログの画像の転載及び使用は絶対にしないでください。




posted by pansuke at 16:50 | Comment(20) | 売上アップ作戦