2012年07月04日

中古品の落とし穴

 こんにちは、パン助です。

今日はオーブンについて。

 僕は今でこそ新品のオーブンを使っていますが、最初はワールド精機の中古のオーブンでした。
新品のオーブンはリースで借りると、ドゥコンディショナーと合わせて、月々5万〜6万円位で5年リース契約で、合計300万円ぐらいします。
 月々の返済額は5万円、それだけだったらなんとかパン屋もできるかな、っと思いますが、実際は電気代5万〜8万円を筆頭に家賃やら駐車場、融資も借りたら月々の返済は15万20万とどんどん増えていきますので、できることなら、リースはやめて一括で買いたいと思いますよね。

 ちなみに、リースというのは、レンタルとは違い、リース会社が自分の代わりにオーブンを購入して、それを分割で支払います。
しかし、リース会社の所有物なので、こちらが購入するわけではありません。
 でも、例えば5年経ってからリースの支払いが終わると、返却することになるのですがリース会社もいらないので、リース会社から月々の支払額+αで買い取ったりします。リースは経費に回せるメリットはありますが、やはり高い買い物であれば一括購入の方が安心です。(そう簡単に買える物ではないですが)
 
そして中古品の落とし穴は、ヤフーオークションで落札したのですが、オーブンの状態はよかったものの、スチームの機能が前オーナーが使っていなかったせいで詰まっていたりしました。それをワールド精機さんの代理店やメーカーに直接修理の依頼をしても、なんと断られてしまいます。代理店に至っては、(その代理店がよくなかったのかもしれませんが)メーカーに問い合わせてますので、、となんと1週間ごとに4回電話をしたにも関わらず、ずっと「メーカーに問い合わせてますので、、、」の繰り返しという様でした。

 しかもこの代理店は、社員の方が個人的に、「もしよければ修理しますけど」と言われたので、その代理店に直接電話したら、その社員が後から電話してきて「バカヤロー、なに会社に勝手に電話してんだ?個人的にやってんだろうよ?」と脅しの電話がかかってきました。おそるべし、代理店。どうやらこちらが中古で困っていたので、それをおためごかしに利用したのかもしれません。見積もり金額が、300kgのオーブンを運ぶのに移動代だけで15万円(すぐ隣の市に運ぶのに)だったので、もちろんお断りしましたが。

 ちなみに僕もそういう圧力かけてくる相手には逆に向かうタイプなので「なんですか?バカヤロー?会社に電話しましょうか?全部今あった事お伝えしましょうか?」と淡々としゃべったら「いえ、それだけは、、、すみません、、、」とシュンとしてしまいました。

 というわけですが、ミキサーもなんでも、中古品はとにかく保証が効かない。壊れたら終わり、あるいはパン専門の整備リサイクルのお店に問い合わせる方がよいのかもしれませんね。

 結局オーブンは直らなかったので、しばらくの間はフランスパンを霧吹きなどで色々工夫してなんとかつないでいました。そしてその後やっぱりオーブンは新品にしようと思い新品を購入したのでした。

 中古のメリットはとにかく安い。
デメリットは、保証が無い。設置が難しい、故障があっても返品が難しい。

 移動等も大型の機材はとにかくお金がかかるので、手間の連続でした。


 でも、当たりがあるのも事実です。だから中古探しはハマるとやめられないのかな。


それではパン助でした。 
 
posted by pansuke at 21:19 | Comment(0) | オーブン