2019年05月01日

挑戦と考察をしない社会

 こんにちは、パン助です。

令和になりましたね。だからと言って平成との境を夜遅くまで起きて迎えることもなく、いつも通りです。

さて、先日は運転手で千葉の方に行ってきました。
高速道路はゴールデンウィーク初日の土曜日の夜はてっきり混むのかと思っていましたが、ディズニーランドもガラガラだったようで、皆が混むと思い込んでいて避けた結果、東名も首都高も今までにない位に空いていて驚きました。

最近、世の中の人達の危機感の無さに、正直不安をおぼえます。
特に、若いこれからの世代。
僕もまだまだ若い世代でいるつもりですが、去年のパン屋で大学生を何人か雇っていて思ったのですが、ここまで仕事を頑張ろうとしない子がたくさんいることを、その地域のせいだけかと思っていたのですが、やはりそうではない気がします。

いつの世代も、年寄りは「これだから若い子達は」と馬鹿にするというかもしれませんが、僕の考えはこうです。

まずインターネットの普及に置いて、調べれば何でもでてくる、人に教わらなくても情報は自分で調べればある程度はわかる時代になりました。例えば、将来何かやってみたい仕事があったとして、それがパン屋だとします。パン屋をインターネットで調べると、パン屋の情報が出てきます。
ネットは負の情報が多いし広まりやすいですよね。だから「ああ、パン屋大変なんだやめとこ」とあっさりと引いてしまいます。
 
このように、調べたら出てきた情報で、わかった気になってしまう。
人間は自分の都合のいいように受け取るようにできているので、やらなくていいことは極力避けるようになります。大変なことは避けようという思考になります。

挑戦するという事はリスクを背負う事です。
挑戦をするリスクを避けるために情報が必要になります。情報の不足こそが失敗の元だからです。

 しかし、情報をネット上でしか仕入れないで世の中に踏み込んでいかない人達は、ネットだけの薄っぺらい情報に情報不足でくじけることになります。そもそも挑戦をしないということは、リスクを避けるということと考えます。要するに、失敗を恐れるということは、挑戦をしない、失敗するぐらいなら挑戦をしたくない、といつのまにか、リスクや挑戦を避ける傾向になります。

 その結果でしょうか。
いかに楽して時給の高い仕事をするか、簡単なアルバイトの仕事で給料を稼げるか、という考え方がはびこっているように思えます。
 工場のライン作業なんかは単純作業の繰り返しでその代わりに時給が高いですよね。でも単純作業の繰り返しは将来の自分にとっては技術が身につくわけでもなく、給料のため自分の時間を失うという代償があります。ただ働くにしても、やりがいが無いため人はより良い職場環境や、人間関係、給料など、何か自分にとってメリットがあるものに向かうようになります。

実は先日韓国の大学の教授と知り合うきっかけがあって、色々とお話をさせていただきました。
韓国は最低賃金が全国で一律なのですが、急激に最低賃金を上げたため失業率が増加していると聞きました。基本的には日本と労働賃金がそれほど変わらないことや、大変な仕事(工場等の単純作業)を避ける傾向にあり、日本と同じく工場は外国人労働者が多く働いているとのこと。要するに、仕事はあるけど自分が働ける仕事しかしたくない、そんな状況に加えて、最低賃金の値上げにより物価もあがるため、企業側が苦しくなり雇用をしなくなる状況。日本の方がゆっくりと最低賃金を上げて来たのに対して、韓国側は急に最低賃金を上げたのでその状態がより顕著なそうです。

今、僕が仲良くしているベトナム人の子達はとても頭がいいです。一人は日本の東工大クラスの大学を出ていて、どんな機械も誰よりも理解が早く直せてしまいます。明るくて勤勉で大変な仕事も日本とベトナムでは給料が4〜5倍違うので一生懸命こなします。大抵の日本人では勝ち目がないです。
 日本の技術者はみんな高齢で若い子がほとんどいないので、今後も技術はどんどん海外に流れていくと思います。最終的に資源が無い日本は勤勉さと技術で成り立っていたのにそれが無くなったら不安以外の何が残るのでしょうか。

何の考えも無しに、若い人がたくさんいるからと目的も無く地方から都会へ向かったり、給料がいいからと頑張りもせずただ時間を潰すように働いたり、上っ面の情報だけを見て挑戦もせずにわかった気になって、気づいたら歳だけ重ねて中身が無い状態に危機感は無いのでしょうか。
元経営者からすれば、今後は確実にぬるま湯に浸かった楽な仕事を選ぶ日本人は仕事が無くなるだろうし、一生懸命の外国人に確実に仕事を奪われていくと思います。
 海外に出て語学を覚えてお金を稼ぎに行くっていう時点でそもそも行動力凄いですよね。

全然関係ないけど、別のベトナム人の子はとても漢字が得意で、漢字を教えてもらうととても面白いです。

ベトナム人「日本の漢字はとても面白いよ!」
ベトナム人「”嫁”という漢字は女が結婚して他の人の家に行くから”嫁”です。」
パン助「お〜なるほど〜」
ベトナム人「でもね、嫁と言う字は女は家には入れないね」
パン助「えぇ、、あはは、、、(なんか姑が言いそう)」
ベトナム人「だから女が家に入ると安心の安になる」
パン助「おお!」

と、日本語で淡々と漢字の仕組みをオチまでつけて説明するんです。彼は転職するため僕が面接の練習したんですが、面接する企業の視点にたった考えをきちんとしていて、あっさりと合格報告をもらいました。

僕は今後は自分のやりたいことに集中するため、今の会社とは雇用形態を変えて、いくつかの資格の取得と行動を起こすことになります。

って、何年も前から同じこと言ってる気がしますが(笑)今年はかなり具体的に詰めてます。

これから開業する人達にとっての朗報になるように、色々と考えていますので、令和元年もどうぞよろしくお願いします。

それでは、パン助でした。
posted by pansuke at 17:24 | Comment(3) | 日記