2014年04月05日

増税後の影響はいかがでしょうか?

 こんにちは、パン助です。

すっかり春かと思ったら、急に寒くなったりで天気も忙しいようです。

 このシーズンあたりは冬から春にかけて売上が上がっているか、大体落ち着いてくる頃ですが、増税した後は増税分だけ表面上はやや売上が上がっているように思えます。パンは買いだめができないのと、多少あがっていても周りは仕方が無いモードなんでしょうね。

 問題は、仕入れ値が大幅にあがっているので、バターも来月から値上がりということで、増税後もパン屋が今まで通りというわけにはいかず、僕のお店も商品を小さくしたりはしないのですが、新商品を投入して徐々に増税後の本体価格表示をいいことに、ちょいちょい値上げしています。
  
 ただ、相場で言うと、僕のお店は安い方なので、どうやら高くなったと感じたお店から流れてくるのか、春だから新入社員らしき人が多いのか、新しい顔ぶれが多く、試作やオマケ、お得セットを多用して、あるいは接客に力を入れて、他店よりもサービスもよくしていってます。

 今からパン屋をはじめようとしている方は、今後も材料費の高騰は避けられませんので、そうなってくると利益率の低下が免れません。僕のお店では原価10円位のパンでも生地や食感を売りにしていて130円ぐらいで売っているものもありますが、ウインナーなどが入っているパンはいい物を使うと原価が80円ぐらいするので、さらに増税で値上がり90円ぐらいになったので、売値が180円だとあまり売れないし、売れなかった場合に安売りしたり、まとめ売りすると、全く利益が無いようなトントンの状態でパンを消費してしまうことになります。
(今回の記事でいう原価は、材料費のことです。人件費や電気代等は含まれていません。)

 なので、やはり今後もパン屋の本質である生地に注目して、コンビニ等の味や香りの強いパンと差別化を図り、焼きたてのサービスや、接客や試作などで、確実な顧客作りに力を入れる事が重要になるかと思います。

 
 ・・・って、真面目かっ!!そんなの普通のことですよね。


でも、僕の周りのパン屋さん、経営者に振り回されてなのか、周りで流行っているからと色々やってはみたものの、結局続かないでいることが多いんですよね。僕もお世話になってる社長さんとかに、「ああいうのが流行っているらしいよ」「こういうのが売れてるよ」と言われたりしますが、この間ホンマでっかTVでやってた「さしすせそ」で上手に受け流しています。

 僕もそうですが、売れてたり、こういうのが流行っている、というのを自分のお店のことを(このブログでは言いませんが)結構人前では話しますが、実際にそれを勧めたりしながらも、その「流行っている」「売れている」のを紹介したりしゃべっているだけで、満足なんですよね。勧めたからと言って、それが売れようが売れまいが後のことは責任がとれません。

 逆に、相手の例えばその社長さんが僕に言った事を覚えているかどうかっていうと、覚えているかもしれませんが、実行したかどうかなんてのは全く気にしていないんです。たぶん色々な人に話しているから、誰に話したのかも細かくは覚えていないでしょう。
 もしそれを真に受けて、毎回実行するバイタリティがあるならそれはそれでいいですが、振り回されて終わりってことにもなりかねませんので。そもそも、売れている商品をそのまま実行したから売れるなんて、2番煎じにもセンスがいりますし、そもそもつまらないですよね。

 ちなみに笑顔で「さしすせそ」とは
「さ」さすがですね!
「し」しらなかったー!
「す」すごい!!
「せ」せかいが違う!?
「そ」そうなんですかー!!

です。サラッと淡々と言わずに、一呼吸おいて感情こめて言うと、さらに効力(相手が満足する)が増すそうです。


 世界が違うだけ強引だとは思いましたが(違わないし)、もしそういう立場(取引先、経営者と職人、親元と下請けみたいな関係)にある方がいたら、是非使ってみてください。
 

 もし僕が今からパン屋を考えるなら、小規模でもいいので農地を借りたり、家庭菜園でもいいので、ちょっと野菜や果物の勉強をしたいです。増税で忙しくなると、ちょっとした手間も面倒でやらなくなったりするから、そういう一手間の繰り返しの農作業も一日の生活の流れに植え込んでおきたい。

 
 僕もたまには自分が言ったことを「さしすせそ」で言われてみたいな。

大体「はぁ?」とか「ふーん」「へぇ」とか、「はひふへほ」で返されますから(笑)


それでは、パン助でした。

  
posted by pansuke at 04:18 | Comment(9) | パン屋の悩み
この記事へのコメント
始めまして( ^ω^ )パン助さん!
パン屋で働こうかすごく迷っている者です、、、
ブログ内容とは関係ありませんが質問です!

自分はすごく暑がりで皆が引くくらい汗かきなので
暑い場所は苦手です、、、
職場はどれくらいの暑さの中でお仕事されているのでしょうか?
オーブンの前などかなり暑そうなイメージがあります。
Posted by むーみ at 2014年04月05日 11:36
 むーみさん

はじめまして、こんにちは!
 
 自分もすごい汗っかきですよ。引っ越しのバイトでは歩く新陳代謝と呼ばれる程、飲んだドリンクがすぐ汗になってました。
 

 さて、そんなことはさておき、パン屋では汗をかいても店によっては、タオルを首に巻くとお客さんから見て不衛生に感じたり、使っているうちに汚れて黒ずんだタオルを蒔いていたりするのをみて、不快になる場合もあります。店によっては首に巻くのは禁止だったりします。
 

 暑い石窯のあるお店は30度を常時超えていたりしますし、デパートやインストアベーカリーなら、エアコンが故障していない限り(している所もある。売上が悪いとなかなか直してくれない。)室温は20度〜25度に保たれていますので、窯の仕事でも熱いと言えば熱いですが、帽子と服に吸われるので、ぽたぽた垂れる程ではないかと思います。
 また、換気さえしっかりしていれば、多少暑くても風がありますので、ずいぶん楽です、こればかりは、その環境に身を置いてみないとわかりません。

 問題は、汗をかくからこのポジションはできないとか、暑いから無理とか言われたら、雇用主側も、じゃあなんでこの仕事選んだの?ってなります。

 どうしてもパン屋の仕事をやりたいなら、そんなことは気にしなくていいと思いますよ。
そうでも無いなら、パン屋より楽で稼げる職種はたくさんありますので、無理にパン屋を選ぶ必要は無いかな〜、と思います。

Posted by パン助 at 2014年04月05日 18:47
お返事ありがとうございます!

読んでいてパン助さんの下で働きたいと思ってしまいました^ ^。

パン屋さんはやはり暑いのは仕方ないですよね。

仕事選びで路頭に迷っている最中なので
アドバイス助かりました。

ありがとうございました!
Posted by むーみん at 2014年04月05日 20:09
きゃ、自家菜園のお野菜をパンに入れちゃうんですか??
できた果物を入れるとか?
いいなぁ〜〜、それ。
そういうの、待ってる人いると思います。私だったら絶対買います。おいしいに決まってるものーー。(^^)
Posted by lutea at 2014年04月05日 20:19
はじめまして
39才の男です
今からでもパン屋になれるでしょうか?
まったくの素人なので学校に行くことも考えているんですが、学費が高いこともあり迷っています
学校に行かずにパン屋で働いて修行する方がいいんでしょうか?
Posted by ケイ at 2014年04月08日 20:31
こんばんは(~o~)


というか、、、

おかえりなさい(笑)


すぐにカムバックできてなによりです。



今からパン屋はじめるなら自家製農園!!!

実は心の中でひっそり思ってみたり。。。


よく地元野菜を使って…、とかあるじゃないですか?

あれを自分で作っちゃって、それをパンに使ったり、もちろんそのまま売ってみたりできたら。。。

なんてステキなの(@゚▽゚@)!!!!!!



、、、って思うけど、

パンの修行もまだまだなのに野菜作りまで修行しだしたら1日24時間じゃ足らない上に、揃えるものが二倍♪二倍♪(どこかの宣伝文句風に…)、でシューンとしぼんでしまってる夢です。

まさかパン助サンが同じことを考えてるとは!!!!!!(笑)


自分で野菜作って、その野菜使ってパンを焼く生活。。。

めちゃめちゃ憧れます。。。(;_;)

めちゃめちゃ大変だろうけど(苦笑)
Posted by まるめがね at 2014年04月08日 22:12
 むーみんさん
僕の職場で働きたいだなんて!嬉しいです。
 
 luteaさん

作ったパンとその日獲れた野菜で、、、とそういうのどかな生活には憧れますが、やはりそういうお店が少ないのは、現実問題、大変なんだろうなと察してしまいます。
 絶対おいしいんですけどねー。
Posted by パン助 at 2014年04月08日 23:22
 ケイさん

はじめまして、39歳でパン業界は素人でも、今からやれば45歳で経験5年になります。知り合いで36で製菓の学校に通っている人や、夜間に通っている業界未経験の30代後半の方は結構います。

 例えば料理の職種での経験があったり、飲食関係の職種をやっていれば、それなりに忙しさが想像でき、またパンの仕事に活かせることもあるかと思います。

 未経験なら、とにかくたくさん生地に触ることと、体力作り、図書館や本屋でパンの本で知識を身につける、実際にそれを職場や学校で体験することで、通常よりも多くのことは詰め込めるかと思います。
 
 パン屋になれるまで諦めなければなれます!

ただお店を開いたとしても、そこからが大変です。それを生活の基盤にして家族を養う程の収入にするのは、年齢に比例して相当の努力が必要だと思います。26ではじめた僕でも、体力的にもヒーヒー言ってたり、腰いためて動きたくない、、、という時も多々ありますので。

 お金ならいくらでもあるんじゃーとかなら全然なれます。

 自営業はじめたら、精神上は年中無休みたいなものなので、向き不向きもあります。

 ケイさんの今までの人生経験と、ケイさんの将来のビジョンを言ってもらえれば、また相談にのりますのでコメしてください。

 
Posted by パン助 at 2014年04月08日 23:46
 まるめがねさん

ただいまー!!

 自家製農園だなんて、ホント憧れですけど、大変ですよね。
頭の中はお花畑でいっぱいなんですけどねー。

 実際これは難しいから、一人一種類の野菜か果物作って、全国でコミュニティ作って物物交換したら楽しいでしょうね。

 年負ってパン業界引退したら、農業で土いじりでものんびりやりたいですけどねー。

 
Posted by パン助 at 2014年04月08日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: