2013年01月30日

それでもパン屋をやりたい人の作戦その2

 こんにちは、パン助です。

僕が過去にインターネットでパン屋情報をよく探していた時のこと。
 ヤフーオークションでは、意外な商品が売られているのをご存知ですか?

僕はわずか2年で2回しかみませんでしたが、、、。

 その商品とは、、、、


パン屋です。

 ヤフーオークションで、パン屋の写真が貼ってあって、○月×日に空き店舗になりました。オーナー募集とか書かれているのです。

これは、パン屋の居抜き物件で、それを丸まるそのままの状態でそのオーナーがお年なのか、事情で辞めてしまうので、そのままパン屋になりたい人を募集しているようでした。材料も道具も揃っている状態でそのまま始められるのです。

 ただ、おそらくですが、よっぽどきちんとした人に貸さないと、もし今僕のような人がそれを見つけたら、、、

 そのまま借りた後に道具と機材だけ持っていなくなっちゃうなぁ(笑)(そして売る)

そういう所のいい所は、もし前オーナーがいたら、売上情報とか聞けちゃいます。そのオークションの時は、月商200万円のパン屋と書かれていましたので、一日8万円前後の売上が想像できるのではないでしょうか。

 一日8万円もの売上があるなら、いいなぁと思いつつも、やっぱりそれでもネットで募集するぐらいだから、なかなか人が見つからないんでしょうね。

 もし暇だったら、ヤフーオークションで、パン屋とかベーカリーとかで検索すると、予想外の商品が見つかることもあるかもしれません。

 最近はハード系のパンを増やしたいなぁと思いつつも、売れ行きの差が激しいので、困っています。
 売れると利益率がいいのですが、アゴを使うパンと余り見かけないパンはお年寄りの受けがあまりよくないので中々浸透しづらいんですよね。だから売れない日は全然売れない。
 高校生とかに試食で勧めると、意外に反応がいいんですけど。(なんでもおいしいと言ってくれるけどね。)

 そういう意味ではハード系のパンはお店にはお試しサイズで小さく作って、予約販売とかにすると面白いかもしんない。

パンの売り方ってホント無限大ですよね。ってことは商売も無限大なわけで、、、

 僕が前に作戦その1で書いたパン屋は最低300万と言いましたが、小さいミキサーを買って粉を買って、製造許可をすぐ取れる移動販売車を買えば、大体の仕事ができるとしたら、150万円でもできちゃいますよね。パン屋。

 でもきっと、このブログを見てる人って、ただパン屋をやりたいんじゃなくて、自分が描いてるパン屋があると思うので、そういうパン屋でやるのがやっぱり意味があるんですよね。
 
 だから今回の方法は、どんなパン屋でもいいから、始めたい人にはいいかもしんない、という作戦でした。

それでは、パン助でした。
 
 

 

 
【開業前に必要な知識の最新記事】
posted by pansuke at 21:26 | Comment(4) | 開業前に必要な知識
この記事へのコメント
お久しぶりです(^-^)


ブログを立て続けに更新されてるところを見るとお元気そうですね☆



そんなパン助さんにお聞きしたいのですが、ご自分のお店を開業するまでに、(たしか)三ヶ所のパン屋さんに鞍替えされてたかと思うのですが、(たしか短期間で)時給以外の理由で鞍替えされた理由ってあるんですか??

例えば、技術的な面で習得できたから次のパン屋さんへ、とか??


実はわたし、今、二ヶ所のパン屋さんでかけもちしてまして、同じパン屋さんでも(どちらも個人店)、だいぶ違うなぁ…と感じながら働いてるんです。

なので、先に始めたパン屋さんがいわゆるな『パン屋さん』なんだと思ってたのですが、後から始めたパン屋さんも(こちらはオープン間もないパン屋さん)パン屋さんとして成り立つんだなぁと(失礼な意味ではなくて、笑)発見があったりして、パン屋さんの数だけいろんなパン屋さんがそれなりなやり方で存在するんだな〜と。。。(当たり前かもしれませんが…)


最初、この業界に入る前は一ヶ所のパン屋さんで長く働いて技術的なことを習得して、それから先のことはまたその時に考えよう…、なんて考えで飛び込んだものの、こういう発見があったりすると必ずしも一ヶ所で長くやることがベストではないのかな?…とか思ったりしてる今日この頃です。。。

その先に何を目指すのかで理由は違ってきますよね??(^^;


ちなみに、現時点で自分のお店うんぬんを具体的に考えてるわけではないですし…(でも、漠然的に夢のまた、夢のまた、夢のまた、で小さな小さなパン屋さんできたらな、くらいはあるかもです…)、まだまだ一通りのパンを作る技術力なんてまったく習得してない状態です…。



なんですが!

パン助さんがどういった理由でパン屋さんを鞍替えしたのか気になったので聞いてみようと思いました。

パン助さんの場合、具体的にいついつまでに自分のお店を持つ!という明確な意志を持って今に至ってらっしゃるので、これを聞いて軟弱なわたしが参考にできる部分があるのか怪しいのですが、きっかけとか訳があったのなら教えていただけるとありがたいです…(´`)

よろしくお願いします!
Posted by まるめがね at 2013年01月31日 01:54
 おひさしぶりです!

まるめがねさん、こんなにたくさんのコメントありがとうございます。
 1店舗目は個人店ですが、数店舗ありました。人間関係には非常に恵まれていたものの、機械を使った作業が多く技術面での成長が難しかった所と、オーブンで靴を乾かすなどの衛生面、後は一日で直せるような無駄な段取りを取り上げても会議をやって時間を遣って結局何も変わらないという、なんだか時間がもったいないと途中で思ったので、2店舗に就業中に面接に行き採用が決まったので辞めました。

 2店舗はチェーン店ですが、粉から作り勉強になることばかりでした。しかし、お金を貯めたくて朝5時から夜10時過ぎまで働いていたので精神的に余裕が無く、人間関係でもめて、ちょうどパンを始めて1年たったのでキリも良く辞めました。

 3.4店舗目は同時で掛け持ちでした。どちらも勉強になるし人間関係にも恵まれていましたが、開業を機に辞めました。

 オープンの間もないパン屋さんは、無駄も多いですが発見も多いですよね。僕のお店も従業員がちょこちょことこうした方がいいんじゃないのかって改装してます(笑)それぐらい段取りも作業の仕方も改善方法が無数にあって、問題も多いですがそれを改善できる余地があるのであれば、良いと思います。特に最初のオープン後数ヶ月は僕も荒れに荒れて従業員もばったばったと辞めたので(苦い思い出)
 
 パン屋をいずれ開業する目的があるのでしたら、そのパン屋の秘密をたくさんもらってから辞めましょう。
 特に楽しくやりたいのであれば、自分が好きな雰囲気、好きなパン、好きなスタイルで働けるパン屋で働くのがいいと思います。

 今のパン屋は個性がないと生きていけないので、やっぱり千差万別ですよね。

 大した理由じゃないです、むしろ嫌になったら次、また嫌になったから次、みたいなただのワガママです。(笑) 
 
最終的には、皆が楽しい職場に行き着くのかなと思います。
 

 

 
Posted by パン助 at 2013年02月01日 21:56
お疲れさまです!


先日はなっがいコメント、失礼しました。。。(^^;



こーゆー話って職場のオーナーなり店長なりになかなか聞きづらかったりするし、パン助さんのような異端な(失礼、笑)方に聞くのが一番参考にしやすいと思い長々質問書かせていただきました。



わたしの中でお店を持つことはパン職人であれば誰しも憧れであって、目標なところでもあるのかもしれませんが、なかなか今の時代、パン屋さんも飽和状態で、リスクをカバーできるほどの志を持ち合わせていないので現時点では…、というかんじです。。。


なのでまずはコメントいただいた、好きな雰囲気、好きなスタイルでパン屋さんの仕事を楽しんでいける職場で頑張っていきたいと思います(^.^)

ちょっとモヤモヤしてたのでスッキリ気分が晴れた気がします。

聞いてみてよかったです、ありがとうございました☆




パン職人の教室コン、いいな…そんなのあるなら参加してみたいでやんす(笑)


男性のパン職人、職場にいるにはいるんですけど、皆既婚者ばかりでドキドキすることもないっす(´`)

パン助さん主宰で開いてください(笑)

Posted by まるめがね at 2013年02月02日 19:30
 まるめがねさん
パン職人はパン作りはプロでも、パンを教えるのがうまいとは限らないのがネックですね、、。
 ちなみに、僕が主宰したら参加できないじゃないですか!
 でも考えておきます(笑)
Posted by パン助 at 2013年02月04日 16:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: