2018年12月31日

長い一年だった・・・。

 こんにちは、パン助です。

今年ももうすぐ終わり。
 ずーっとパン屋に入り浸っていたせいで、本当にいろいろなことが見えなくなっていた一年でした。

今、新しく社員として思うことは、僕は忙しくもあったけど、他の人よりずっと自分の中で思考を繰り返していたのだと思う。今の社員の先輩方と違って、やっぱり自分でガツガツと開業してきた分、生にしがみつく姿勢が全然違うように思える。どこか温度差を感じてしまう。自分が何度もぶち当たって解決してきた結果を僕は情報として蓄積しているけど、その苦悩や情報の濃さを開業していない人に伝えても、あまり伝わらないのが少し悔しい。

 会社で未来について話し合う機会があったんだけど、考えてない人は全く考えてなくて、本当に生きていく姿勢が人によってこんなに違うのだと痛感した。多くの人が未来を自分で動いて変えることを考えていないとわかり、それがもしかしたら普通なのかもしれないとも思った。

 人それぞれ。便利な言葉でとりあえずそれ以上は考えないようにした。自分の経験はやはり少し異端なのだと思う。無理にそれを主張すると衝突の火種になる気がした。だから考えることはしてもせめて伝えるのをやめた。

 自分でいつでも動ける(開業できる)と思っているのは、会社という檻から飛び出せる強さでもあるが、逃げ出す弱さにもなる。僕は自由に生きてきた、それをうまく今の会社に活かせるように僕は立ち回らないといけない、自分を活かせない場所にならないように、僕自身が目指す方向を作っていかないといけない。やはり未来は自分で作るものだと思う。それ自体が僕の生き方だと思う。

 
 来年は僕も読者の方も、良い年になるといいな。

それでは、パン助でした。

 皆さま、良いお年を!!

 
posted by pansuke at 23:58 | Comment(3) | 開業前に必要な知識
この記事へのコメント
組織のなかでも色々な方々がいるんですね。経験さや差し迫った状況が人の見方を変えるんですね。でも、組織の一人一人の本心も皆違うことにやっぱり人間だなって思いました。一般の社会だと思いました。それこそが普通の幸せとして享受出来るのかもしれません。
Posted by 者。 at 2019年05月03日 20:45
未来は自分でつくる。この言葉は、パン助さんでないと言えないです。そしてこの言葉を言えるようになるには本当に時間が掛かったと思いました。ただ、同じ言葉でも解釈の形が違うのかもしれません。一般的に過ごしてきたかたが思う未来と自分についてパン助さんはどう思われていますか?
Posted by 者。 at 2019年05月03日 20:52
 者。さん

一般的に過ごしてきた方が思う未来というのは僕はいたってシンプルで、家族の幸せとか子供の幸せとか自分の老後とか、会社よりも家族の事に重きを置いているように思えます。

その未来に纏う不安をどう避けるか、そういう思考が一般的ではないかなと思います。だから、挑戦やリスクを背負う事はもっとも遠い行動なのだともとれます。


今の会社は大半が既婚者なので、会社にいる時以外に、そもそも会社の事まで考える時間が無いのではないかな、とも。


だから、僕も家庭を持てば考えは変わるかもしれないですね。


会社の未来については、実はその後に僕は発想は奇抜だからと、今後の自分のやりたいことも含めて上司にレポートにまとめて提出したところ、とても今の会社の枠には収まらないという考えと意思があるため、僕自身も会社と友好的な関係を保ちつつも雇用という形を辞めて行動に移すことにしました。


あとは今の仕事になってから車で一人でしゃべっていたり、考える時間も多いので、意外と言葉の整理ができていてそれを堂々と話すことでも意志が伝わったんだと思います。


「未来は自分でつくる!」どんどん作ってください!レシピあげます。

僕のレシピには挑戦と失敗と汗と涙と借金が、、あれ涙でにじんで読めないや、、、。
Posted by パン助 at 2019年05月04日 02:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: