2017年06月06日

大手のスーパーのテナント費用はいくら?費用でわかるパン屋の家賃相場

 こんにちは、パン助です!

今日は大手のテナントに入ると家賃はいくらかかるのか?
そこから、皆さんがお店をやるにあたっていくらぐらいの売上が必要なのか?お話します。

 一言でいえば、家賃は売り上げの○%という感じです。

この○%が例えばショッピングモールのテナントの場所や坪数によって変動するのですが、僕みたいな小規模の個人店が入るにはハードルが高いのではないでしょうか?

 実際に僕が今度働く場所や、過去に働いていた場所のテナントの家賃を見てみると、売上の約11%がお店の家賃になっていました。これは一日の売上が10万円だとすると、年中無休となるので一か月の売上は300万円と仮定すると、11%は33万円つまり、おおよその家賃というのは日商の約3倍にあたることになります。
 これはモールに入ってすぐ目の前にあるような一等地の立地がこのぐらいの価格になるみたいです。
 
 テナントによっては売り上げが上がるとパーセンテージが上がったりするところもあるみたいです。
売上があがればそれだけ家賃が上がるのに、そこからさらにパーセンテージが上がるとか所得税なみに悪質な気が、、、。今回の所は幸い売上が上がってもパーセンテージまでは上がりませんが、最低家賃というのが決まっていて、最低でも20万ちょっとは店を閉めていようがかかります。(あくまで僕が借りる場所ですね)

 逆に最低家賃が決まっているということは、何がなんでも営業しないといけないので、個人事業主が借りるというのはなかなかハードルが高そうです。

 実は過去の相談者さんの中にも、こういったスーパーやモールのテナントの方がいたのですが、一番大変なのは定休日などが無いため人がいないと休日が得られないことや、開店時間と閉店時間が決まっているためパンをある程度閉店時間まで残しておかないといけなかったりと、やはりかなり大変なようです。

 で、パン屋の家賃に話を戻しますが、つまり、パン屋を開業する際によく「家賃は売上3日分でまかなえる範囲が望ましい」というのはかなり的を得ているということです。
 逆に言うと、家賃が日商の2日でまかなえたり、1日で補える状態だとかなり良物件ということになりますね!

 ちなみに僕の今のお店は家賃と駐車場足して7万ちょいで日商5万なのでかなり良い物件ということになります。
 逆に第二東名の出来立ての頃のサービスエリアのテナント料はなんと!!売り上げの40%!!鬼か!!
チェーン店しか生き残れないのがよくわかりますね、、、。酷すぎる。
 

※ここからは愚痴になります。閲覧注意(笑)

 いや、ぶっちゃけ売り上げの11%も持ってかれるって辛い!
仮に頑張って日商10万出すってことは、パンの売価を多少上げるにしても僕一人じゃ朝4時から入ってやっと12時で10万円分の商品を作れるレベル。そんなの毎日やったら絶対ぶっ倒れるに決まってんじゃん!
 
 だから人を雇うんだけどこの最低賃金の値上がり、材料費の値上がり、人手不足に拍車がかかってるこのご時世に今の環境で11%っておかしくない?しかも営業時間が夜の9時までとか、製造3人、販売3人と仮定すると一日あたり48時間分の労働賃金が発生するから、時給1000円として48000円よ!?(実際は自分を引くから4万円としても社会保険とかきついっす)
10万円-材料費約3万(原価30%とする)-人件費4万円 = 3万円
3万円×30日=90万円 ここから家賃が33万円、光熱費12万円 = 45万円←これが一月当たりの利益
45万円×12か月=540万円 年収540万円 さらにここから 所得税、消費税、住民税、事業税、社会保険料等を引かれるとなると、、、(このあたりは前年度の所得や減価償却などでかなり変わってきます)
相当頑張んないときついでしょ!?

 実際はこれを製造1人とか2人、販売1人や2人などでできてしまう職人さん販売員もいますし、家賃の中にはチラシや組合費なども入っているので、実際は売上にもっと波があると思いますが、本当に毎日これから大変だぁ、、、
(愚痴おわり)


そういえば全然関係ありませんが、この間ホンマでっかTVで「弱音を吐く人ほどメンタルが強い」ってやってましたね。僕みたいに弱音をゲロゲロ吐く人は、実はメンタルが強いのです!!他人の悪口も、おお、注目されてんな!ありがとうございます!みたいに受け取っちゃうぐらいなので(笑)つまり弱音を吐いてるウチはストレスが上手に抜けてるんだと思います。

 ま、このブログの主旨は「失敗」と「挑戦」の奮闘日記ですし僕の人生もそうですし。
普通は成功体験を人に語りますが、目も当てられない失敗体験を堂々と綴っているのは僕ぐらいなもんでしょう(笑)

 というわけで、僕はここからしばらくは次出店するテナントに対して、本気の戦略を練ることにします。
頑張ろ。


 それでは、パン助でした。


 
【開業前に必要な知識の最新記事】
posted by pansuke at 01:22 | Comment(0) | 開業前に必要な知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: