2019年06月18日

冷蔵庫、冷凍庫の買い取りをしないわけ

 こんにちは、パン助です。

最近地元の友達と久しぶりに会い、たまたまwifiがつながらずネットも使えない状態になり「何かすることないかなー」という時間があり、ここ10年そんな時間が一度もなかったことに驚きました。普通に卓球したりゲームしたりして遊びました。
 きちっと毎日仕事を終わらせていればそういう時間もできたのでしょうが、次から次から何かを始めていた僕には常に何かに追われていて、そうなってくると冷静な判断を欠いて失敗につながるのだと痛感しました。

 さて、今日は冷凍庫を買い取ってくれないかという話があって、和菓子屋さんに行ってきました。

僕の中古品のイメージは「今は使っていないので、引き取って誰かに活用してもらえないか、それでお金になるならWinWinだ。」と言うイメージ。でも、故障しているならただの処分品の引き取りになってしまうので、割に合わない。引き取り処分専門の業者でもない限りは断られる。

電話での問い合わせ時は「使っていない冷凍庫があるので、買い取ってもらえないでしょうか」「今まで問題なく使っていたものですか?」と聞くと「はい。」という話だったんだけど、実際に行ってみると電源も入っていないので「動作確認してもいいですか?」と聞くと「えっ…」という反応。その時点で察したけど、やっぱり電源をつけてみると、冷凍庫なのに15度ぐらいまでしか冷えない。要するに壊れているものでもお金に変えたいんですよね。そりゃそうだけど、それなら電話の時点で断ったのに。

パン助「冷えないですね…」
和菓子屋さん「そうですね…」

和菓子屋さん「でも、冷蔵庫として使えないですか?」と提案があったんですが、ただでさえ冷えない冷凍機を冷蔵庫として使うと、常に冷凍機がフル回転になるので電気代がとんでもないことに(経験済み)

処分するにしても、W1500×D750×H800 の冷凍庫なんて100kgぐらいあるし処分料だけで3万〜5万円位かかります。そこにトラックで取りにいくので車両代、人件費も加えると、業者によっては10万ぐらい取るところもあります。(引き取り業者もボランティアではないので、利益を得ないといけないので。)

テーブル冷凍庫とか冷蔵庫って表面のステンレスを剥がすとわかるんだけど、中は断熱材がびっしり。
そのため、鉄くずとして分解するのは本当に面倒です。きちんとした道具があっても1日〜2日はかかると思います。
労力の割に金額が合わないので、途中でやめたくなります。

どうしても引き取ってもらいたい場合は、他に機材を抱き合わせ買い取ってもらったりすると、冷蔵庫や冷凍庫もオマケで引き取ってもらえることもありますが、状態が良くない冷凍庫、冷蔵庫は単品で引き取ってもらえないケースがほとんどなので、少しでも状態を長持ちさせるために、日々のフィルター掃除や清掃を心がけましょう。

ちなみにリサイクルショップに聞いたのですが、パン屋さんの冷蔵庫は粉は多いものの、油やタバコのヤニなどは少ないので、比較的綺麗なものとして扱われます。メンテナンスの人が来た時に普段の点検や清掃についてしっかり聞いておいて実施すれば、毎月の電気代も節約できます。

 都内の日商80万円のお店で働いていた方は、毎日仕事終わりに冷蔵庫のフィルターとエアコンのフィルター掃除をやっていたと言っていました。冷蔵庫は買うと20万円ぐらいで最新のものを買えますが、処分に10万もかかるとなると、毎日の清掃って大事なんだと実感できると思います。

 もし、自分で処分したい場合は、近くの冷蔵庫処分ができるところに持ち込むか、引き取りに来てもらう必要があります。自分で持っていく場合は、レンタカーでパワーゲート付きトラックを借りれば6時間で1万〜2万円ぐらいで借りれます。業者に来てもらったほうがお得な場合もあります。


 今潰れているお店が非常に多いので、中古の冷蔵庫や冷凍庫の買い取りはほとんど需要が無く、今回の様に故障してから買い替える方も多いです。冷蔵庫や冷凍庫には冷凍機がついているのですが、これが故障すると交換に数十万かかって新品を買った方が安いので、中古品も注意が必要です。

 ネットの新品の冷蔵庫や冷凍庫が安い理由は、とてもシンプルです。
店舗を持っていないので、注文が入ったらメーカーから直接送ってもらう仕組みだからです。
倉庫もいらない、在庫もいらない、修理はメーカーがやってくれる。だから薄利多売でやっていけます。
 
 おすすめのサイトは過去にこのブログでも紹介していますが、時期によっては変わってくるので開業相談の際に遠慮なくきいてください。
 あと、中華系のサイトでの購入はくれぐれもご注意ください。振り込んでも商品がとどきませんので。
 
さて、今日も時間とお金に追われますか。

 それでは、パン助でした。

 
 
posted by pansuke at 10:04 | Comment(1) | 開業前に必要な知識