2019年04月17日

名古屋の3Dプリンター展に行ってきました。

こんにちは、パン助です。

今日は雨の中、次世代3Dプリンター展に行ってきました。
ポートメッセ名古屋で今日から3日間開催しているのですが、予想以上に人が多く、モバック並にたくさんの人が会場にいました。特に自分も注目していた金属の3Dプリンターは興味があったのでグルグルと会場を回っていましたが、、、

価格は2000万円〜1億数千万円までとあり、まだまだ手がだせません。

金属系3Dプリンターは機械の部品など中古の機械の整備や修理に、メーカーが潰れて生産中止となった機械の部品を今後も作ることができれば、中古業界の修理のシャアの拡大どころか、独占までできるんじゃないかと思っています。
 
現状中古の機械はメーカーが修理を断れば(部品の生産終了や、そもそも中古は代理店などを通さないと修理依頼を受け付けないところがほとんどです。)ほとんどの業者は直すことができません。

また、僕がちょっと気になるのは、今後も増税で機材は確実に値上がります。
そうなってくると、中古市場に目が行くのは予想がつきますが、例えばメーカーが中古を簡単に作動できないようにしたら、、、例えばアイパッドのように、パスワードでロックをかけたり、ワードやエクセルなどのソフトのようにシリアルナンバーを登録しないと使えないようにしたり、登録料が月何万とか、最近のアドビのフォトショップのように月額使用でお金を長期的に得るシステムに切り替えたら、、、とか、僕がメーカーならどうにかして中古市場に簡単に流さないようにする工夫をすると思うのですが。

実際は今の所無いと思います。
若い人たちが今技術者に少ないですから。慢性的に人手不足だと新しい事への取り組みは難しいと思います。リスクが伴うので。現状維持。
挑戦や革命的な方法はほとんどなく、フランスなどの海外での流行を見て日本に広めて、それと同じような機械を他社が開発して広めるみたいな形がほとんどなので、そういった取り組みは今の所見えていません。

 せっかく行ったんだからもうちょっと詳しく話を聞きたかったんだけど、何分こっちの知識が足りな過ぎました。こういうの凝り性な人が多いように感じます。カメラとか長時間いじってられるような人や、機械を買ったらじっくり使っていくような人。僕はほとんど買ったら満足してしまうタイプだから、一つの事にじっくり取り組むのって難しいし、もうちょっとじっくり何かに取り組む時間が欲しいです。無心に好きなことをやるような時間が。

 時間。時間が欲しい。

現在通勤だけで1日往復2.5時間の移動時間です。(家賃などの関係で色々ありまして)
ネットでやりとりできるから本社に行く必要が無いのに、そこにわざわざ行って作業する意味の無さ。辛い。
学べることが多い反面、時間という取り返せないものを捨てているのは本当に辛い。年間750時間が通勤時間に消費され、会議の時間で100時間程かかるのと、他の雑用も含めるとやっぱり軽く1000時間を超えてしまう。1000時間あれば結構な資格も取れるし、普通に働けば100万ぐらいは稼げる時間。


 将来的にはこの会社と友好関係を保ちつつ、僕の長所を活かしながら子供パン教室と開業相談とか諸々をやっていきたいと思っています。それを活かすアイデアが仕事をしているといくつもでてくるんだけど、組織だと簡単に動けないからなかなか大変です。この会社でやって、それがきちんと給料に反映されればいいんだけど、ちょっとそういう兆しが全くないんですよね。まぁ、今はお金無いから我慢するべきこともあるんですけどね。
 1日の無駄な時間の消耗が激しすぎるのがネックになってます。

まぁ、ニート時代にマリオカートを1日に10時間以上やっていた僕が「時間は大事だぞ!」っていうのもなんですが…。ただ自分のために使う時間はいいんですけど、明らかに誰のためにもならない無意味で無駄な時間の浪費がここまで辛いとは思いませんでした。でも、僕も指示があいまいだったりすると、従業員の大切な時間を奪っていたのかも、と他人の時間を大事にすることも大切だと思いました。

 
 今週来週と、1日中大手のスーパーに直接僕が売り場に行って商品を売るので、さらにブログの更新が遅れると思います。メールもすぐに返したいんですけど、僕あんまりテキトーに返すと見落としやボロが出ることが多いので、じっくり返したい派なんです。なんでちょっと気持ちが落ち着いている時になるべく返信を考えています。急ぎの方は遠慮なく「返信ください」と言ってもらえると助かります。

 無駄にする1000時間を睡眠にあてたいです。
眠ることが一番大事なのに後回しにしてしまいます。

それではパン助でした。
posted by pansuke at 23:21 | Comment(0) | 開業前に必要な知識