2019年01月23日

お金をもらって学べる環境

 こんにちは、パン助です。

最近は毎日、パソコンに向かってホームページの作成から、ネットショップの立ち上げをしている。

でも、誰かに教えてもらえるわけじゃないから、次から次へとやることが見つかって覚えないといけないことが多いなぁと思う。

 通販で商品を売る。
それだけなんだけど、結局通販で商品を売るには、商品を作って発送しないといけない。
そのそれだけのことに、やるべきことがたくさんあって、予想以上に時間がかかって焦っている。

商品は既にあるとして、それをまず袋に入れる。
袋に入れた商品に品質表示ラベルを貼る。
商品を今度は箱に入れる。
箱に入れたらそれだけだと見劣りするので、箱を包装したり飾り付けをする。
それを写真に撮って、ホームページに載せる。
載せるホームページを作る。
写真を加工してバナーを作る。
箱のデザイン、ロゴのデザイン、袋のデザイン、シールのデザイン、ホームページのデザインをする。
箱だけで送ると箱が潰れるので、箱を今度はダンボールに入れる。
その他の商品のチラシを入れる。

でも、昔と違って、ホームページは知識がなくてもある程度素人でも作れるようになっていたり、
デザインも業者に頼めばチラシなどはたくさん作っても意外と1万円ぐらいでなんとかなったりする。
箱は業者に頼めばサンプルをくれるし、段ボールはダンボールの通販サイトが120枚以上だとその辺のホームセンターの半額ぐらいで手に入る。
問題はロゴやホームページなどのデザイン。僕はデザインというのがすごく苦手。
自分で完成させるのが、これでいいのか、デザインに終わりはあるのか、と悩んでしまう。
だからこういう作業が地味に時間を使って仕事が進んでいるように見えないのが辛い。

 とはいえ、こうやって新しいことを学べる環境にいて、お金をもらえるというのは本当にありがたい。

まだホームページを作ってもそれだけじゃお客さんが来ないので、そっちでもブログをやったり動画を撮影して載せたり、どんどん新しいことを覚えて実行していかないといけない。

 正直、自分の頭が追い付いていないからとても大変なんだけど、こうやって何かを学べる環境はやっぱり楽しい。やっぱり仕事のやりがいって、何かを学べることだなと思う。
 挑戦も継続も反省も妥協も成功も失敗も、全て何かを学ぶことだ。

人は学ぶことをやめた時に死ぬんだろうなと思う。

 そういえば、今の会社製パン機械がたくさんあるでしょ。
ホントさ、例えば酵母の勉強したいなって思ったら、目の前にルバンとかルヴァンリキッドとか自家製酵母を作って保存できる機械もある、例えばドライフルーツ作る機械もあるし、ラスクを数百枚一度に焼く機械もある。どんな勉強も研究もやろうと思えばできる。

 もし今開業したい人達が、目の前の製パン機械なんでも使っていいって言われたら、みんなどんな最強(最高)のパン屋を作るのだろうか。
 「ぼくのかんがえたさいきょうのぱんや」みたいなのも、発想は小学生だけど人それぞれの思考があって競えたら面白い。それができるのが今の会社でもある。

でも食品工場は雪が積もるようなところで、夏は日本の最大気温を記録する場所なので、そこが辛いっす。

 明日はまた4時半起き。パン職人の日です。

もう寝よう。

 それでは、パン助でした。
 
posted by pansuke at 23:35 | Comment(0) | 日記