2019年01月20日

開業をアドバイスする人はそれぞれの得意分野が異なる

 こんにちは、パン助です。

開業相談を僕はよく受けていますが、僕自身も開業支援サイトを見ていて思うことがあります。
 それは、開業をアドバイスする人は総合的なアドバイスができるようで実はできない。


例えば、僕が得意な分野は、製パン機器について比較的色々な機器を触っていることと、パン職人として働いていたこと、実際に開業をしたこと、現在の製パン機器の営業職ということもあり情報が常に入ってくること、機械の納品や仕入れ情報、運搬方法や設置などについてはおそらくかなりの情報量を持っています。
あとは、実際に開業した際のトラブルや失敗、問題点などとその対策に詳しい事。要するに開業する前の情報に詳しいのです。

でも逆に苦手なこともある。

例えば、大規模な工場で働いていたことが無いので、大量生産の知識や、製造工場などの大規模な効率化については疎いです。
また、パン作りについては僕よりもずっと経験があり僕も過去に相談にのってもらった方がネット上にいるので、基本的にパン作りのレシピやアドバイスはしないようにしています。
 あと、店舗のデザインやお店づくりに関しても、過去に写真を上げた通り僕はかなり未熟です。

他の製パンの開業相談を見てみると、

1、製パン経験が30年以上の大ベテラン。某有名外国人の本などに載っているパンはその方が実はその外国人の代わりに成形をしているというぐらい。実際に会いましたがとにかく成形がめちゃくちゃキレイ。パン作りについては僕よりも2桁3桁以上の情報量なので、僕は到底かなわないと思います。
 開業支援で何人もの方たちのオープンを立ち会った経験もあり、作業段取りを組むならこの方はもの凄いです。とにかくきちっとされた方で、情報管理や在庫管理も全てデータでいかに効率よく作業を進めるかなどの段取り力がずば抜けています。

2、実際に店舗を持ち今も人気店を運営中。人材育成や異業種経験から製パン技術を身に着けて開業する、店舗のあり方、接客のあり方、人材の育成の仕方など、売れるお店をプロデュースするのが得意な方。
 
3、実際に開業経験があり、女性をメインにしたパン教室などの開業支援をメインにされている方。

4、大手工場で長期経験があり、製造工程をできるだけ機械化して、人材不足でも困らない製造方法に特化した開業をメインにされている方。

5、製パン経験が無くても短期間でお店が開けるようなプログラムを作っている方。

6、ネット販売をメインにして、立地にこだわらずに商売ができる通販に特化された方。

ざっくり言うと、その人の生き方がそのまま開業相談の指導のあり方になっているのがわかりますね。
 
 僕の立ち回りの仕方は、開業経験が他のアドバイスされる方よりも多いのと、失敗経験が多いのがメインなので、そこを活かした開業アドバイスになります。僕があまり他人の開業に口を出さないのは、あくまでこういう失敗がありましたよ、こういうリスクがありますよという案内だけで、こうした方がいいですよ、とはあまり言いません。なぜなら、僕は他人にあれこれ言われて開業すると、自ら考えて乗り越えていく力が養われないと思っているからです。開業自身は自分の人生を賭けるので、それよりも成功の道筋を示してもらった方がいいのはわかりますけど、独立精神の強い方ってそもそも自分で考えたり行動した方がいいというのが僕の根底にあります。(結局アドバイスとしてあれこれ言われても、自分のやりたいようにやれるのが開業ですから!)
 結局開業は、お店を開いてみるまでどうなるかはわかりません。
だからできるだけリスクを減らしたい、そのためのノウハウはこのブログにも結構書いてあります。

 他の方のアドバイスは、成功の道筋を照らすものです。
 僕のアドバイスは、失敗の落とし穴を照らすものです。

何が正解とはわかりません。相性があると思います。
 
 本当に人によっていろんな考え方があるんですよ。

例えばオーブンひとつとっても、職人の技術があれば、なんでもいいという方もいます。多店舗を渡り歩いていた方は、色んなオーブンがあって、色んなパンがあるのだから、そこにあるオーブンで対処するしかないという考え方。

例えば、オーブンは車と同じで、好みの問題という方もいます。車は走るのが目的なんだからあとは自分の好みの問題という意味です。パンを焼くという目的は達成できればいいという考え方。

例えば、お店はどんな立地でも、商品が良ければ客は来るという考え方。
僕はどちらかというと先日のブログ「会いたいお店」と同じで、何かが特別に良くても、他のマイナス点が目立てばうまくいかないという考え方です。
 
 ホームページ作ってて実感しましたが、僕はそういったおしゃれや高級感のセンスが本当に弱いんですよね。最初の静岡のお店はそれなりに時間をかけて作ったのと、知り合いのデザインやっている方が色をきれいにまとめてくれたので良い雰囲気ができましたが、他のお店は本当に微妙だなぁと思いながらやっていました。

 ぶっちゃけ、見た目と雰囲気ってめちゃめちゃ大事じゃないですか。
パン何てパン屋なんだからおいしいのは当たり前だと思います。だから、それ以外の平均点をとにかく上げようと努力しないと、本当に今後のパン屋はどんどん厳しくなってくると思います。
パンがいくら良くたって、トイレのニオイがするパン屋でパン買いたくないでしょ?
焼き鳥の煙まみれのパン屋で買いたくないでしょ?北風ビュービュー吹く寒いパン屋で買いたいですか?
店員さんがゴホゴホずっと咳してたり、店員さんの眉毛が無かったり、鼻から何か飛び出てたり、不潔だったり態度悪かったら絶対に次は無いでしょ?
お店の床や机がべとべとしてたら、うわぁって思うでしょ?
お店がダサいって思ったら、美味しくても行こうってならないでしょ?
 それぐらい、見た目と雰囲気って大事だと思うんですよ。

でも僕は見た目の良いお店っていうのをうまく説明できない。だから、これからパン屋を開業する人は、色んなパン屋を見て回って、いいパン屋さんの雰囲気を見て盗んで自分なりにアレンジして昇華させる必要があると思っています。

 もちろんオリジナルの感性がある人は自分のお店を作ってほしいと思いますが。

僕自身が自分のパン屋に引きこもってばかりだったので、パン屋観察については僕自身が今の仕事で身に着けて考えていく必要があるなとアドバイスをするなら必須だと感じています。

 将来はVR(バーチャルリアリティ)を利用して自分の作るお店の映像データを仮想空間で実現するようにできると思いますけど、そうすればデザインに拒否反応起こすパン職人さんも、納得してお店のデザインを施行業者に依頼して開業がスムーズにできると思うんだけどなぁ。
 仮想空間で目の前で自分が指定した色とか壁紙、トレーやトングやパンなどを設置できるサービスがあれば、パン業界もデザイン業界ももっと活気づくと思うんだけど。

 まぁ、なかなかね。(誰かがやってくれると期待はしてないです。)

そういえば、壊れたパンの機械、結構そのままお金払って処分される方が多いみたいですね。
おそらく買い取りはできないと思いますが、処分料を浮かせたい場合は一度僕にご相談ください。ネットで売れない、運搬もできない、そんな場合は100kg位のものでも引き取り料や運送費だけで5万〜15万ぐらいかかったりします。愛知県近場なら無料で引き取れる場合もあります。良かったらメールでご相談ください。写真もあると助かります。(壊れた冷蔵庫だけの引き取りはたぶんお断りします。)

それでは、パン助でした。

 
posted by pansuke at 19:04 | Comment(0) | 開業前に必要な知識