2018年11月30日

さよならパン屋さん

 こんにちは、パン助です!

特売日が続いて更新が遅くなってしまってすみません!

答えは「青果(果物、野菜)」でした!!

 最終日はパンを作るだけ作りました。

最終日の売上は 13万円ちょっと。まさかの過去最高記録。というかよくこれだけパンを作れたなぁ。
 
なんだかんだ、来てくれるお客さんはとても残念そうにしてくれたし、パン教室の子どもたちはみんな来年の夏の教室を楽しみにしてくれそうです。

 さて、、、せっかく12月は息をついて休もうと思ったのですが、次の就職先がすぐに来てほしいとのことで、なんと12月3日から普通に出勤です。

 機材運びと片づけと自分の引っ越しとスタッフの給料とか失業保険とかいらないもの処分とかやること多すぎてヤバイ。もう少しゆったりと始めたかったのですが、まぁ休むと結局僕はダラダラするだけなので、ちょうといいのかもしれません。


ゲッターズ飯田の占いを見たところ、2018年の11月頃から色々と解放されて運が開けるとのことで来年はいい年になるそうですが、、、どうなることやら。

精神的な抑圧と、借金の取り立てによる抑圧からは大分解放されそうです。

ただ、、、あれ、売れた機材の金額が借金返済で一瞬で無くなりました…。
 しばらくはとにかく無駄遣い禁止。

 信用も無いから次の転居についても大苦戦、保証会社への支払いが遅れたたりしたせいで、次のアパートは保証会社からNGをくらってしまう始末。
 しかし、今回はお部屋探しのminiminiさんがとても機転の利く方で、僕の勤務先情報からミニミニと取引があるということで法人契約で僕がそこに住むという案を提案してくれました。
 僕の就職先に「すみません、借金で支払遅れてて、法人で借りることできませんか…?」と正直に話すと、二つ返事で「いいよ」とのことで、ようやく次の住居が決まりました。

 お店を閉める際の話もネタが豊富ですね。

 今回のお店の大きな敗因はズバリ!準備不足です。
また、人を大事にしなかったり、段取りが悪すぎて常に作業がごっちゃごちゃ。
 でも、最後までいてくれたスタッフには本当に感謝です。次の僕の借りていた店舗に入るお店もすぐに決まって、そこのお店がスタッフを即採用してくれたのでそれも助かりました。

 撤去費用は保証金で帳尻合わせてくれたのでここにお店を出したことでなんだかんだ500万以上の損害はありましたが、臓器を売らなくて済みそうです。

 お店を閉店すると伝えたら、ほぼ毎日来てくれるお客さんもいて、とても嬉しかったです。

 明日と明後日は引っ越し&引っ越し、4か所をグルグル周ります。また落ち着いたらブログで報告します。

それでは、パン助でした。
posted by pansuke at 17:32 | Comment(2) | 開業前に必要な知識