2018年10月06日

世界一自由なパン屋さん

 こんにちは、パン助です。

僕は、10代で夢を見て、20代でひとつの夢を叶えて、30代で今現実とぶつかっています。
どこかで自分のやり方やあり方を認めてほしかったのかもしれません。だから、いつの間にかパン屋にはこういうやり方がいいんじゃないか、コレはダメなんじゃないかと色々と何かの見本や模範になるように挑戦していたのだと思います。特に、こうじゃなきゃいけないというこだわりが、頭を固くしていたように思えます。

 そして、結果的にいろんな人に迷惑かけたり、粗末に扱ったり、感謝を忘れたり、お金も無くなって、パン屋ももうすぐ無くなってしまう。自分を見失ってしまった。

 でもそんな僕は今、色んな重荷が取れてすごく気持ちが楽になりつつある。
(借金も残るけど、家族にしているものだけになり、それはコツコツと返すことになる。その他の消費者金融やら融資の返済は機材の売却で返済の目途が立っているので。)

特に2014年からその後、お金の問題や人の問題、事務処理の問題に追われて整理がつかなくなり、自分の頭がどんどん悪くなっていることを実感した。すごく視野が狭くなって、あまい話に飛びついたりして、色んなことがもやもやしてしまった。これらの事が消化しつつある。

 結構前に、大学教授の壷の話をしたと思う。

パソコンの人は下のリンクをクリックするか、検索ボックスに「壷」と入力すれば、「いつまでも開業できない人達に足りない、「やらない努力」」というタイトルの記事がでてくるので、見てみてほしい。(凄く上から目線のタイトル笑)

リンク先→http://pansuke.sblo.jp/article/82377778.html

 そこで、僕は勝手にこの話の続きを書いているけど、今僕はこの壷を割る所にいるのだと思う。
一度壷を割ってみて、中身をよく確認してからもう一度大事なものを詰め直そうと思う。

 そして、次の目標「世界一自由なパン屋さん」この記事のタイトルの、コレが今後の僕の目標になる。

誰の見本にもならないし、なるつもりもない。僕だけの人生、僕にしかできない人生。僕だけのパン屋さん。

僕の最強の武器はなんだろう?挑戦?好奇心?楽観的?全部詰め込んでやる!
夢は見るもんじゃなくて魅せるもんだと、僕のありったけを未知の世界の挑戦にぶつける!!

 
 「自由」って言葉は小さい頃はとても聞こえが良かったけれど、ある時凄く大きく重くも感じた。

「小さい箱の中から好きなものを選んでいいよ」って言われると、選ぶのも悩むのも楽しくなっちゃうけど
「世界中のありとあらゆる物からひとつだけ自由に選んでいいよ」と言われると、その壮大さを抱え込んでしまうような。無限の選択肢に押しつぶされてしまうような。

 
 今僕は一度何にもなくなってしまうけど、ゼロじゃないよね。
ここを見ていてくれる人がいて、いつも心配してくれる人がいて、楽しみにしてくれる人がいて。
それに応えなきゃって気持ちもあるけど、今度は僕は誰の期待にも応えられないかもしれない。自分の好きな事をやるのに僕は精いっぱいになるから、僕が誰よりも僕の未来を楽しみになるように僕のために頑張ろうと思う。
  
 凄く今、ワクワクしてる。
パンの神様も気になってこのブログをのぞきに来るぐらい、世界一自由なパン屋さんを目指すよ。

 


あ、、、形になるまでたぶん2年ぐらいかかるけど(長い)


 それでは、パン助でした。
posted by pansuke at 20:54 | Comment(2) | 開業前に必要な知識