2018年09月23日

国産小麦のバゲットを200円にしてみた結果!!?

 こんにちは、パン助です。

やっぱり安売りはやめよう!
そう思って、140円のバゲットを200円で国産小麦のバゲットを売ってみた結果、、、。

 あれ、普通に売れる。売れるぞ!?

っていうか、200円でも安いんだけどさ。一般的な価格に比べると。

 
 そういえば、昔、500円でパン教室をやったことがあった。
応募の電話が2時間なりやまなかったけど、来たお客さんは、
「500円で半分は私、半分は子供にやらせろ」的な人もいたり、親が安いからとりあえず応募しておいて、平気で忘れてたり、内容よりも安いっていうことだけに注目してしまい、本当にパン教室をやりたい人が不快な思いをしてしまうということもあった。アンケートに、安い、普通、高いっていう項目があったんだけど、
そういう人に限って、安いって書くと値上げされると思って普通に○をしていたりもした。
内容が雑なパン教室ならまだしも、僕のパン教室を自分から安売りして、それで客に文句を言っていてはどうしようもない。

 そうだったんだ。安すぎたことによって、その安さにだけ飛びついて商品の品質なんてどうでもいい客層までも集めてしまっていた。物の価値がわからない人に、商売をしても自分が楽しくないだけだ。

 やっぱり値段って大事ですね。品質よりも明らかに安くすると、そればっかりに目が言って本質から遠ざかる。

 もう安売りはやめて、自分が納得できる価格にしようと思いました。

 コロコロ値段変えてますが、やっぱり立地なのか、毎日来るお客さんもいるけど、特売日だけとか、そういうお客さんも多いせいか、まだまだ新しいお客さんが目立ちます。

 値段について、安すぎると変な客が来る。気を付けようと思います。

それでは、パン助でした。
posted by pansuke at 06:38 | Comment(3) | 開業前に必要な知識