2016年01月09日

ヤフオクの裏技と真実

 こんにちは、パン助です。

今日はヤフーオークションの裏側に迫ります。
といっても、僕はヤフオクのその手の攻略本を読んだ事が無いので、あくまで自分の経験のみでお話します。

まず、あなたが開業目的でヤフオクに参加して何かパン屋の開業に必要な物を探します。

例えばオーブンが欲しい。
そう思って、気になるオーブンを見つけたらウォッチリストに登録しますよね。
あるいは、オーブン 業務用 などでアラームをつけて、出品される度に連絡を受け取る様にしますよね。

そうすることで、ちょっと気になるオーブンの情報が入る様に目を光らせることができます。

しかし、ある時欲しいと思っていた商品が、終了時刻になっていないのにパッと検索結果から消えた事はありませんか?
 「せっかく落札しようと思っていたのに〜」とか、
 「あー、あれさっさと入札しておけばよかった〜」と思う事もあるでしょう。

でも、安心してください。はいてます、、、いや、そういう人ははいて捨てる程いるので、結果的にほぼ落札できませんから。

結果的に、1人の方が「おお、これ得じゃね?絶対落札してやろ!!」って思うような商品は、ほとんどの人がそう思っています。なので、意外と高額に跳ね上がってしまうので、落札できなかったりするのです。

 ではそれでも出品されていた突然パッと商品が消えてしまうのは何故でしょうか?

それは、出品者にヤフオクを通さず直接連絡をする人や、出品者への質問欄にて直接交渉をする人がいるからです。これは出品者に直接交渉する事で、早く結果が出せるのです。さらに出品者の出品手数料(例えば10万円の物を出品して誰かに落札されると、出品者はヤフーに5%の出品手数料、この場合5000円を支払わなければなりません。)しかし、直接交渉することで、出品者はその手数料を払わずに済むので、相手の条件をのむケースも多いのです。

 しかし、出品者はその条件をのまない事もあります。それは、直接交渉はほぼヤフオクの出品価格より低いケースが多いため、放っておいても高額で売れると予想できる商品は交渉に応じないのです。
 出品者は入札する側のウォッチリストの数と、ページのアクセス数がわかるので、これにより自分の商品が注目されているかどうかがわかるので強気でいるケースもあります。


 それから、僕は入札する側でヤフオクを当初はやっていましたが、出品する事も増えてきて気づきました。
僕はお店を開く前もガンガン入札をしてお店を作ってお店を出していましたが、開業希望の方のほとんどが、ウォッチリストにいれるだけで入札なんてしない人ばかりなのです。
 
 これには僕も驚きました。

落札する気がない商品をウォッチリストに入れる理由がよくわからないからです。
それどころか、何度も何度ももらった質問「もうすぐ開業するので購入希望ですが、○○県までの送料はいくらですか?」

これ、購入する気満々の質問に見えますよね。だから僕は気まぐれサービスで「開業されるなら送料1万円でサービスします」と答えたりすることもあるのですが(高額商品なので送料だけでも数万円かかる)その後は結局入札することはまずありません。

そうなんです。 
 数百回取引をしている僕の経験上は、オーブンやミキサー、ドゥコンなど重たい商品を落札する方の95%は開業希望の方ではなくて、既に開業している方です。事業を広げようと思って落札したり、故障の代わりに手配するためにヤフオクを利用するのです。そして、直接交渉される方も僕を含めて非常に多いです。

 これは、開業してる人は必要だから買うのですが、開業前の人は必要かもしれないから買った方がいいかな、ぐらいの感覚なので、なかなか踏み切ることができないのだと思います。場所代もかかるしね。

 でも、ヤフオクとしては不本意ですが、出品している側からすれば少しでも高く売りたい反面、在庫を長期間抱えているのも大変なのでできれば早く売りさばきたいという気持もありますので、是非値引き交渉をして安く手に入れてください。

 特に高額商品や重量商品は出品側も早くなくなればいいと思っているので、10万以上の値引き交渉でも通るケースも多々あります。送料も思い切って送料込みでこの価格でお願いします!と交渉すると、ほとんどそれで手に入れる事もできます。

 ただし、当たり外れもあるので、その辺りは用意周到にやってみてください。(それがあるからなかなか踏み出せないんですけどね。)


 くれぐれも、いらないものは買わない様に!物の処分も開業してからだと何倍も時間がかかります。

なんだか、知っている人には大した裏技でもなんでもないですね。

 それでは、パン助でした。
 
posted by pansuke at 01:33 | Comment(0) | 開業前に必要な知識