2015年08月09日

フロンガスを低圧力ガスに交換すると電気代が安くなるー!!??(ホンマでっか風)アイエフネットからの電話

 こんにちは、パン助です。

自営業を始めると、よくわからない会社からお店に電話がかかってきますが、その中でも「○○ネット」という、とりあえずITっぽい名前をつけてインテリジェンスな響きにしておけばいい的な会社はごまんとあります。
僕はその名前聞いただけでも既に「あ、時間もったいね、切ろう」となるのですが、ヒマな時はちょっとだけ聞いてみます。

 今回の電話も最初はそうでした。

アイエフネット(以下アイ)
「こちらアイエフネットと申しますが、オーナー様はいらっしゃいますか?」
パン助「はい、どうぞ。」

アイ「当社は2015年4月に環境省からフロン排出抑制法が改正され、エアコンのフロンガスを低圧力ガスに交換する事で、電気代の削減をおこなっております。」

パン助「ほうほう」

アイ「もしよろしければ、そちらでお使いの業務用のエアコンや冷蔵庫などを見させていただき、電気代の削減が可能であればガスの交換を行いたいのですが」

パン助心の声(怪しい。一言で言えば怪しい。
そんな法律ができたことも知らないし、そもそもガスを交換するだけで電気代が削減できるならメーカーはとっととその技術を用いるべきでは無いだろうか。だが、こんな画期的な方法があるのであれば特許の一つもとっていなければ確実に詐欺業者だ、そこを攻めてみるか)

パン助「ちょっとその電気代が安くなる仕組みがわからないのですが、詳しく説明聞いてもいいですか?」

アイ「はい、もちろんです!当社で取引している大手のニューテックというガス会社があるのですがガスの交換はこの会社が行います。このフロンガスを低圧力ガスに変える事で、、、、(ちょっと専門的っぽい話なのであまり覚えてないですが、フロンガスはとても固いガスらしくエアコンのコンプレッサーだかタービンを回すのに電力がかかるのですが、そのガスに変える事でより弱い電力でも回せるとか)、、なのです。」

パン助「ん、、、で、正直怪しいんですけど、そういうガスは特許とかとっているんですか?」

アイ「はい、エアコンのガスはRとつくのですが、当社のガスはR443Aという特許を取っています。」

パン助心の声(へ、ちゃんと取ってんの?それは予想外、営業の電話にしてはハキハキしてるし、挨拶もしっかりしてる、オマケにこちらの質問にもサラッと答える。これは詐欺っぽくないな。)

パン助「じゃあ、一度お店まで来てください。」


 ということで、工事を依頼しました。細かい説明については僕の知識では解説できないのですが、要するにガスを変えることで電気代を安くできますよ、とのこと。
あと、エアコンではなくて冷蔵室の室外機はプロペラをコーティングすることでホコリなどがつかなくなり半永久的に電気代を抑えられるとか。

 ただ、問題は工事費用。

ということで、実際に工事に来てもらったのですが、合計でエアコン2台と冷蔵室のユニットを頼みました。
 しかし、正直工事費用が高いです。それこそ、新しいエアコンを買った方が安いぐらいに。

じゃあなぜ頼んだのかというと、一つは実験に。要するに人柱となってこの会社が正しいかどうかを見極めるために。とはいえ、分割支払になるので月々の電気代から削減できた分より工事費用は少なくなるように分割しはらいになります。

もう一つは、単に電気代が高いので安くなればいいな〜(楽観的)


 じゃあ安くなったかどうかはいつわかるのか?ですが、工事したその日に電流値を計るので、同じ温度で使用した状態で電流値がいくら下がりました、と証明してくれます。さらに工事を行ったこの電流値が10%以下にならないとメリットが無いため工事費用はいらないとのこと。

その後、オリコさんが分割の手続きを行い、支払がはじまります。

 
 その結果、、、、は次回!!!(まだハッキリとでていないので。)

ちなみに工事費用はエアコン一台あたり30万〜40万円です。冷蔵ユニットも30万程かかりました。そして僕のエアコンの電流値は30%以上下がっていました。なので、電気代が下がった金額よりもローンの方が少なければメリットがあるのです。(ただし、電子ブレーカー同様、月々の支払を減らすメリットはあるが、ローンの年数が長くなればそれだけ未来の借金が増えることになります。途中でお店を続けられなくなったりすれば何もしなくても支払が発生するので、その辺りが迷いどころでもあります。)

 しかし、工事の後は猛暑が続き、エアコンはさらにつけっぱなしの状態だったため、通常よりもフル回転だったので次回どのぐらい減ったか細かく追求しようと思います。


 それでは、パン助でした。
posted by pansuke at 12:07 | Comment(4) | 開業前に必要な知識