2015年01月17日

起業する前にひと呼吸置きましょう

 こんにちは、パン助です。

接客の極意の途中ですが、今回は不動産屋さんと物件の下見に来ていた時に出会ったおばあちゃんとのお話を少々。

 先日シャッターが下りている物件があり気になったので近所の不動産屋さんに聞いてみたところ、オーナーは他県に住んでいたのでそこの不動産屋さんがコンタクトがとれるということで、後日案内してくれることになった。
 
 そしてその当日、僕がちょっと現場に遅れて到着すると、不動産屋のおじいちゃんが、何やらおばあちゃんと話しているのでちょっと話に加わってみた。

おばあちゃん「…あそこの物件、家賃5万円だったでしょ?あんたんとこで扱ってないの?」

不動産屋さん「あれはウチじゃないよ。」

おばあちゃん「あそこパン屋さんになったけど、すぐ潰れちゃって。私あそこお店が始まる前からずーっと見てたんだけど、何やら大きい機械持ち込んで、あんな狭いところにって。でもすぐ潰れるって思ってたのよー」

パン助「(僕のパン屋じゃないか!?)」

そこは僕がオープンさせて赤字のために半年程で潰したパン屋でした。僕はこのおばあちゃんが結果論でものを言ってるだけだと思った反面、なんか家賃とか具体的に言ってるし気になったので聞いてみる事にしました。

パン助「あそこのパン屋、中が不衛生でゴキブリとか凄かったので、他のところに移したんですよー」

おばあちゃん「あらあんたんとこ!?そうでしょ!?あそこはもう20年もあるしオンボロだからね。」

パン助「(詳しいなこの人)でもなんであそこは潰れるって思ったんですか?」

おばあちゃん「あそこはね!駐車場!ほらあそこのお店は目の前に駐車場無いでしょ?今の若い衆はダメ!目の前に無いと。コンビニもそうでしょ、車停めてすぐに無いとダメよー」

パン助「(なるほど意外と的を得てるなこの人、一体何やってる人なんだ?)」

おばあちゃん「で、私あそこを借りたくてね。今の若い衆を元気にしてやりたい!」

不動産屋さん「あんたは今なにやってるの?」

パン助「(おじいちゃん、ナイス質問!)」

おばあちゃん「私!?私は鑑定士よ!」

不動産屋さん&パン助「鑑定士??」

パン助「土地鑑定士とかですか?」

おばあちゃん「違うわよ!人生の!」


 突如僕の目の前に現れた人生の鑑定師を名乗るおばあちゃん、なかなか鋭い目つきをした、アニメ映画のサマーウォーズで途中で亡くなったおばあちゃんをちょっとしわくちゃにしてキツくしたような感じの人でした。


おばあちゃん「私はね、今の若い衆をもっと気持ち燃やして、頑張ってもらいたいの」
 

 なんていうか、シンプルなんだけど心に響く単語を振り回すこのおばあちゃん。
熱い思いを僕も感じていたのか結構話は真剣に聞いてしまいました。


パン助「そういえばあの物件(僕のパン屋があった所)は○○不動産ですよ。今はテナント募集出してないから、直接不動産屋さんに聞くと大家さんと連絡とってくれます。」

おばあちゃん「あら、そう。○○さんとこの。そういえば不動産屋さん!あそこの大家さん子どもが継いだけどあそこの大家さんのウチにね、前に色々相談しに来たときに言ったのよ!」

おじいちゃん「うん」(もう話長くて面倒くさそう)

おばあちゃん「あそこの○○さんとこの庭に大きな木があったでしょ!?私ね、あの木は切らない方がいいわよって言ったのよ!そしたらね、木を切っちゃって!!」

おじいちゃん「うん、亡くなったね」

おばあちゃん「切らない方が言いよって言ったのに、、切っちゃって!木を切ってる最中に頭がちょっとおかしくなって、木が家に向かって倒れたのよ!」

 聞いた話によると、僕が前に借りたパン屋さんは大家さんの子どもが貸し主なのですが、その当時の大家さんは僕が借りるちょっと前に亡くなったのを聞いていました。
 どうやら自宅の土地の整備をするために木を切ったのですが、その木が自宅に向かって倒れたり、その直後に亡くなってしまったりと、なんだかオカルトな話。でも僕が気になったのは、、、。


パン助「なんでその木は切らない方がいいと思ったんですか?」

おばあちゃん「私はね、そこを見て思ったのよ!」

おばあちゃん「あの木は生きてたの!生きてたのよ!!」

パン助(なんかすっごい深い話になってきたのか!?) 

おばあちゃん「あんなに立派に生きてる木を切っちゃダメなのよ!」

パン助「はぁ」(なんだかわからないけど、説得力があるんだよなぁ)

おばあちゃん「それから、あの大家さんあんなに土地持ちなのに若い衆のために使わずに溜め込んで、それで亡くなっちゃって、子どもも同じでこのままじゃダメよ、年寄りのお金は若い人のために使わないと!」

パン助「そうなんですねー」(スケールでかいなー)

不動産屋さん「それじゃ、わしは帰る」(ホント帰りたそうだった)

おばあちゃん「あらそう、あんたは元気だから大丈夫ね」

不動産屋さん「ハッハッハ、そうだね。そいじゃ」


パン助「…僕も何店舗かやってるんですが、なかなか大変で」


 どさくさにまぎれて人生相談するパン助。
すると意外にも即答でした。


おばあちゃん「それはね、呼吸を忘れたでしょ!?」

パン助「呼吸?」

おばあちゃん「なんでもそうだけど、始める前にひと呼吸置くのよ!そして事業計画書でも土地のことでなんでも全部書いて書いて、それで一度落ち着いて、良しっ!て思ったらそれから始めるのよ!」

パン助「は、はぁ、ありがとうございます。」(なんか説得力あるんだよなぁ)

おばあちゃん「呼吸を忘れちゃダメよ!」

 
 たしかに去年は特に忙しくて、ひと呼吸をする間もなく次から次から色々始めて、その結果がとんでもない無駄にお金を使って借金に振り回される毎日なってしまったのです。
  
 わずか15分程の出来事でしたが、おばあちゃんは文字通り嵐のように通り過ぎて行ったのでした。


 なんかでも、大事なことを教わったような気がする!

そんなお話。
 開業する皆さんの心に響く言葉はあったのかしら?


 それではパン助でした。
posted by pansuke at 00:22 | Comment(5) | 日記