2014年07月01日

おそらく閉店するお店が増えます。

 こんにちは、パン助です。

パンの売上が徐々に落ちてきている所も多いかと思います。
 僕のお店も例外ではなく、夏休みならまだしもこの夏に入る前の温度差が激しい時期は、売上も安定しない傾向にあります。

パン屋が売れる時期は経験上秋から春にかけてですが、この時期は冬の蓄えをとっておかないと、パン屋自体がバテテしまうのです。
 
 おそらく潰れてしまう、あるいは閉店の準備をしているパン屋も増えてくる頃でしょう。

特に今年は、増税と値上げのダブルパンチで、パン屋以外の飲食業も、増税後に悲鳴をあげている業種も多いと思います。

 
 そして、閉店するにしても、せっかくのパンの設備や整った環境が居抜き物件にもなれず、スケルトン状態にして戻してしまう事が結構あるのです。
 
 僕らパン屋の気持ちを大家さんは知りません。
とにかく最初借りた時の状態にして、戻して。ということでしょう。

 居抜き物件は一見需要があるように思えるのですが、居抜きにするとそれ以外の業種が入れなくなる、つまり大家からすれば本来なら事務所にも飲食店にも使える物件が、パン屋にしかならない状態になり、借りてもらうことが大家の希望だから、狭まってしまうんです。
 大家からすれば、借り手がいないことにはお金にもならないどころか空の物件は所持しているだけで税金払うのでマイナスですからね。

 都内なら居抜き物件ドットコムのようなサイトもありますが、地方はそういう情報は常に不動産屋さんにコンタクトをしていないと耳に入りません。

 閉店するのにも僕らは手間がかかります。
内装をスケルトン状態に戻すのにもウン十万。
パン屋の機材は重たいので、処分するにしても売却するにしても、送料や手数料だけでウン十万円かかるなんてこともあります。
 僕は小型クレーン車の免許を持っているので(6万円ぐらい3日で取れる)ユニック車をレンタルしてどこまでも取りに行きますが、実際はそれでもガソリン代や高速道路代で、またお金がかかります。

 この時期から夏にかけて、中古品が多く出回ると思いますが、とにかくお金!!

自己資金を少しでも多くして、初期費用は少しでも抑えて、はじめた方がいいと思います!!


 ちなみに閉店するパン屋さん、そのパン屋をパンを作らずにそのまま格安のパン教室や料理教室をはじめたらどうでしょう?

僕の地域のイベントで毎年僕もパン教室をやるのですが、夏休みは子供がいるので毎年100組以上の応募がありますよ。
 ただ、イベントやるなら、地域の力を利用した方がいいです。地元の広報に無料で載せてもらったりして、格安のパン教室にするといいと思います。

 パン屋はパンを作るのが本来の目的ですが、パン教室は技術を売るので営業許可もいりません。

ただ、パン教室も経営者がパンを作れなかったり、あるいは「ザ・職人」という方だと難しいのかもしれませんが。

 でも、パン教室は作り手の顔が見えるので、お客さんとの距離がぐっと縮まりますよ。
 
パン屋をやりたいという人もいるかもしれません。


 しばらく疎遠になっていた知人のお店が先日潰れてしまったと聞いたので、ちょっとテンション低いですが、夏はもうすぐそこです!

頑張って乗り切りましょう!!


 本当は1ヶ月位休みたいですけどね。


 それでは、パン助でした。
posted by pansuke at 06:50 | Comment(10) | パン屋の悩み