2013年04月14日

食べログは放っておく?それとも相手する?

 こんにちは、パン助です。

今日は食べログについて。

 お客さんにたまに、お店を携帯で撮ってもいいですか?と聞かれるんですが、大体ブログなのですが、食べログに使われている事もたまにあります。

 僕は食べログはほとんど見ないので、最近自分のお店や他店のパン屋の食べログを見てビックリ。

僕は近隣のパン屋でも働いていたり、知り合いがいるため実情を知っているのですが、それをお客さんが介すと全然違う物になるんです。


 例えば、、、

ここのパン屋の○○パンがとってもおいしい。こだわりが伝わって来て、、、
 →それ冷凍生地のパンですけど、、、

ここのカレーパンはちょっと個性的で、そこら辺にはない具材が、、、
 →それピロシキですけど、、、

ここのパン屋さんはどれもリーズナブルで、、、
 →相場の2倍以上の値段ですけど、、、(高いパンを私には安いっていいたいのかな。)

ハード系のパンで作ったこのパンが、、、
 →それバターロール生地で作ってますけど、、、っていうか、それはパンが硬くなっただけでは!?

どれも98円なのに手作りで、、、 
 →お店にもちゃんと手作り「風」って書いてありますけど、、、。


 その他にも、辛口のカレーパンを甘めにつくってあるとか、書いてある値段がお店と全然違っていたりとか、もうそれこそ、何の知識も無い人が知ったかぶりで、ここのパンは○○を使っていて、、、と全然違う事を書いてあるのを目の当たりにして、僕は衝撃的でした。

 さらに、知人友人含めて誰もが、あそこのパン屋はもう二度と行きたく無いというお店もあるのですが、そこの評価している人をみると、なんとそのパン屋だけ☆を増やして、他のパン屋は全部☆を減らした評価をしていたり、、、

 さらには、お店の開店時間が間違っていて、お客さんからいきなり電話がきて、まだお店開いてないんですか?食べログに書いてあったのに、、、、と見てみたら本当に違ってました。本当に迷惑です。

 
 そこででた結論は、食べログは「あ、どーでもいーやー」  


すみません。本当にそう思いました。

 料亭をやっている友達は食べログのひとつひとつのコメントに、店からの返答として、きちんとコメントを返していたりもします。そういうのも接客のひとつですし、その友達はお客さんの顔を一度覚えたら絶対に忘れないというすごい能力ももっているので、コメントもすごいキッチリしていて好感がもてました。そういうやり方もアリなんです。

 でも、僕は、普段来ないのにお店に突然現れて、写真撮って、勝手に自己評価を展開するのは、ものすごく失礼だなって言うのが本音の所。
何度も食べに来て、お店にこういう所があったらいいなっていう要望なんかは大歓迎ですが、食べログの大体の人は、初めて来たお店をその場で評価して、そのままそれっきりっていうことがほとんど。

 特にパン屋って、最初は遠くでも通おうって思うんですけど、数ヶ月もすれば面倒になって結局、遠くのパンより近くのパンになっちゃうんですよね。だから、余計、それっきりのコメントが多くて呆れてしまいました。


 食べログの評価した人を評価する、食べログログがあればいいのに。

個人的には、大半の人はネットで愚痴や不満を文章にする人が多いので(僕も含めて)お店を評価する人は最低限フェイスブックなりの写真か名前が無いと、単なる悪口の言い合いになってしまう気がします。


 それにしても、カレーパンとピロシキの違いが分からない人は書いちゃダメでしょ。

それでは、パン助でした。

 


 
posted by pansuke at 01:02 | Comment(2) | パン屋の悩み