2013年04月07日

パン屋は一度始めたら、簡単には閉店できない?

 こんにちは、パン助です。

春になり、入学式で新品の学生服やスーツでご来店のお客さんが増えています。
 なんだか見ているとこっちまで初々しい気分になります。

僕が社会人に向けて言うならば


 パン助「え〜、コホン。え〜、君たちはパンに例えると、まだ小麦粉なのです。これから社会の荒波という名の副材料にもまれ、え〜、生地となり、バターのようにとろける恋をして〜、え〜、そして皆の期待とイーストに胸膨らみ、やがて、え〜、ゴホン。
 おいしく焼き上がります!」(ドヤ顔)

(そもそも僕は人に何かを説くような知識も経験もないですから)

 そうですね、長い人生はまるで時間をかけて熟成されておいしくなるパンですよね。

さて、そんな中身の無い話はおいておいて、今日は一度開業してから、辞めるのが難しいというのは何故かということを少し。

 
 別に僕のお店が辞めるわけではありませんが、一度オープンしてから半年ぐらいで無くなるお店もあれば、ずーっとお客さんがいないのに潰れない中華料理屋さんみたいなところもあります。

 お客さんがいなくても潰れないのは、単純に持ち家を改装したり、大きな借金がなくて返済がなんとかできてしまう趣味の延長のような感じでできるお店です。

 逆に、赤字経営でも潰せないのには色々とわけがあります。その一つが、リース。

リース契約と聞くと、開業前の僕は、業者さんに5年なら5年間機材を貸し出してもらうというイメージでした。でも実際は期間中はお金を払わないといけないし、途中解約すると残りの残金を支払って機材を返却しないといけないという、もうどうみてもこっち側にメリットが何一つ無い解約条件を押し付けられます。

 またリース契約は、リース会社が例えばオーブンをメーカーから代わりにリース会社が購入し、その金額を分割にして利息を僕たちから得る事で、利益を得ています。だから僕らは新品を使えるのです。しかし、5年の契約を経て毎月お金を払い続けていたのに、5年経ったら返さないといけないかというとそうではなくて、6年目からは、一ヶ月分の契約料で1年間オーブンを使用できたり、あるいは数ヶ月分の金額でそのままオーブンを買い取りできたりします。(年数は金額や契約内容により異なります)

 これは両者にメリットがあり、リース会社は5年間でオーブンの金額をすでに上回る金額を僕らから受け取っていて、もう5年前の中古品なので、リース会社は結局持っていても場所をとるだけなので、僕たちに格安で売るか、処分しなくてはならないのです。なので、結局は長期間リース契約した機材は、僕らの手元に残す事もできます。

 すると、パン屋を始めた人達は、例え1年目で売り上げが悪くても、既に5年間はリース代金を支払わなくてはなりません。
金額は人にもよりますが、僕はオーブンとドゥコンディショナーで、毎月5万円数千円を5年間支払う契約になっています。
 総額で300万以上になるので、仮に店を閉めるとなると既に赤字経営でしたら、オーブンを返す事になるとしたら一括返済なのでお金は払えないですし、かといってリース契約なのでオーブンを売る事もできません。すると、後はどこかの倉庫に預けるか、やはりお店を続けて行くしか無いという状態になるのです。

 あるいは誰かに譲渡したり、そのお店を他のオーナーさんに譲って代わりに支払ってもらったりもできるかもしれませんが、、、

実際に個人のパン屋って僕の地域では僕のお店以外は10年以上新規でオープンしていないのでそう簡単に、オーナー募集したからといってできるものでも無いと思います。

 まだリース契約が月々5万ぐらいならなんとかなりそうですが、その他の機材もオープンの初期費用を安くしようとして、全てリース契約にしたとしたら、、、、



 僕は知っています。リース契約にももちろん罠があります。

例えばエアコン。僕の店は3馬力のツインエアコンを使っています。本体価格は35万円をネットで22万円で購入。でも取り付け工事に12万位かかりました。(動力のエアコンなので普通のエアコンより費用がかかります。また、僕の店は2階に室外機を設置なのでさらに少し高くなります。)(「Ai エアコン」 で検索するとでてくる通販ショップですがかなり安い方だと思います。こちらのサイト、昨年より金額安くなってますが、カード決済は別価格になってしまいましたが、クレジットも使えるのでここと他社を比較するのもオススメしときます。ちなみに工事は僕は自分のお店を工事してくれた所に頼みました。)
 

 エアコンひとつ取り付けるのに合わせて37万円。これだけでも十分高いと思うのですが、これを近くの大手メーカーの代理店に頼んだ所、、、
全く同じ機材と取り付け工事を頼んだら、リースがオススメです。リースは経費にもできるので良いですと言われたので見積もりをだしてもらったら、、、。リース契約5年で毎月約1.6万円でした。工事費も込みですが、総額でこちらは上記と同じ機材をとりつけても96万円です。その差59万円。リース高すぎ。

 でも、リースの分割マジックで月々1万6千円ならいいかな、とか、開業資金を融資で受けた人からすると、手元に500万円とかあるから、1.6万円?安い!とかなっちゃうんでしょうね。

 なので、リース契約をする前に必ずネットで同じ商品があるかどうかを検索してからの契約をオススメします。

リースは保証人とかも必要なので、逆に言うと一度契約してしまえば簡単に解約はできないので要注意です。
 
 というわけで、開業したら、簡単には辞められないというのはこういう金銭的な理由もあるんですよね。



 入学式シーズンは相変わらずパンが売れます。もう少し暑くなると、梅雨と暑さで売上は激減しそうですね。
でも、僕は少し休むにはこういう時間も必要だと思ってますよ。

 
 にしても、冒頭に社会人の君たちは小麦粉だこれからパンになるのだ!と言ったもの、身を粉にして粉まみれで働いている僕らは一体。

パン粉?僕らはパンを通り越してもうパン粉ですか神様??

 
 ちょっと様子がおかしいパン助ですが、大分落ち着いて来ましたよ。


僕もリース契約で誰か買い取ってくれないかな。


 それでは、パン助でした。
 
 
 
posted by pansuke at 01:18 | Comment(2) | 開業前に必要な知識