2013年03月01日

パン屋 開業 どうすれば 資金 方法

 こんにちは、パン助です。

今日はブログの検索上位の単語をそのままタイトルにして

 パン屋開業までの流れを簡単に。

1 お金を貯めます。

いきなりつまづきますよね。つまづいてください。お金が無くてもパン屋ができるなら、きっとあなたの街はパン屋激戦区でしょう。
 600万円以上あるのが望ましいです。
 資金の調達方法もよく検索されます。補助金があるかとか、融資があるとか無いとか。
補助金はまず無いです。国からしてみれば、なぜ税金を個人のパン屋に出さなきゃならんのだって所でしょうか。
地域によってはある所もあります。例えば寂れた商店街で出店すると外装費を出してくれる地域もあります。でも、寂れてますから注意です。あればラッキーぐらいの気持ちで、期待はしないようにしましょう。
 融資は、商工会議所に相談してください。いくら必要ですか?って聞かれて、具体的に答えられないんじゃ話にならないですけど。

あと、「自己資金がないんですけど、融資で開業したい、お金貸してくれるところありますか?」という検索もかなりありますけど、、、

 そんなあなた、お友達が「お金が無いけどお店を出したいからお金貸して(ニコニコ)」言ったらどうしますか?

僕なら「目を覚ませー!!」ってほっぺたグーで殴ります。お金が無いなら働いて貯めてください。


2 立地場所を決めます。
 
これまたつまづきますよね。つまづいてください。どこがいいかなんて、本当は答えはありません。ダメなら良くすればいいからです。
 でも、最近言われているのは、駅の近くの人通りが多い所か、郊外なら駐車場がきちんとあるか、ですね。
駅の近くは人通りが多いですが、単価が安い傾向にあります。郊外は車等でパンを買う目的で来るので、たくさん買うケースが多いです。
 駅の近くは通りすがりでお客さんが来ます。口コミが広まりやすいです。
 郊外は地元からジワジワと口コミが広まります。個性がある方が良いです。おいしければいいんだけどね。

2 立地場所を決めますその2

どんなサイズがいいのかわからない場合、売り場は大体6畳〜10畳サイズ、製造スペースは売り場面積の2倍はあると作業がスムーズです。ただし、焼くパンの種類で製造スペースは大きくことなります。フライヤー、パイローラー、オーブンの大きさ等でお店の製造スペースが異なるからです。小さいお店なら30平米あれば十分ということになります。
 駐車場はかなり重要です。ただし、地域密着で近所の方が買いにくるのがメインなら、そこまで必要ではないです。

3 保健所の許可の確認

1と2を飛ばしても、確認だけはできるので、確認しておきましょう。
 保健所に菓子製造業、サンドイッチなら惣菜の営業許可も必要ですが、申請書類やそれに必要な設備、手洗い、シンク、換気扇、温度計、冷蔵庫、など決まりをきちんと立地場所が決まっていなくてもいいので、聞きましょう。地域によって多少ことなります。そのため、自分が出店する予定の地域の保健所に顔を出しておくと良いです。保健所の設備を整えるだけでも、10万円〜100万円ぐらいかかると思います。グリストラップ(排水の際に油を層で分けておく装置)は浄化槽、下水道により、サイズの決まりがありますので、市役所の水道課に行き確認しましょう。
 (保健所の許可にグリストラップは必要ではありませんが、水道法で必要と記載されています。つけないと油が詰まって大変なことになるかも、、、。)
 サンドイッチは菓子製造業と一緒に申請できますが、実際は粉が舞っている部屋でサンドイッチを作ると不衛生なので、作るならサンドルームを作った方が良いです。それかサンドイッチを作ってから、パンの製造に入るとか。
 
4 設計をして内装、外装を決めて工事

内装や外装は中の機材が決まればある程度設計も決まってくるかと思います。
 工事には電気工事、水道工事、ガス工事、内装工事、外装工事などで僕は自分でもやったので100万ぐらいで済みましたが、実際には200万ぐらいはかかります。

5 機材を揃える

最低でも、ミキサーとホイロとオーブンは必要でしょう。
後は、パン屋で自分が使う機器をそろえたり、販売の方はレジやショーケース、棚など、意外とお金がかかります。
 ミキサーは中古で十分ですが、ドゥコンディショナーやオーブンは中古で外れがあるかもしれないので、リースでもいいかも。
大体ドゥコンとオーブンで300万〜500万ぐらいします。ミキサーは中古で30万前後。
 冷蔵庫はテーブル冷蔵庫が10万以下で手に入ります。

6 パンを作る

まぁ、たくさんパン作って、たくさん食べてください。

7 オープン

広告だしてもいいし、出さなくてのんびりやるもいいし。
 お店がオープンしてから広告だしても十分間に合います。


 僕はコンサルタントとか、正直あてにしないタイプで、感性と経験でココならいけると思った場所にしました。
4店舗の店に関わりましたが、売上はそのウチの3店舗より多くなりました。それでも年商で2000万以上3000万未満というラインをいったり来たりです。決して楽な生活は今の所していません。仕事は楽しいけどね。

 新商品の開発、確定申告、人材教育、事務仕事も製造仕事も、お客さんとの接客仕事も全て大事です。
それに加えて、まだ今の所はほぼ年中無休で毎日仕事をしています。休日はありますけど、やる事はたくさんです。

 身体壊したらそれだけで、ぞっとします。今の所自分が休んだ事はありませんけど、スタッフがインフルエンザでヒヤヒヤです。

今回のはあくまで一例です。

 こんな僕ですが、今でも自分の未熟さから、またパンを習いたいと思いながら日々自分のパンと格闘中です。
経験できる時に、たくさん吸収してください、たくさんメモしてください、覚える事多すぎて、しょっちゅう忘れます。


それでは、健闘を祈ります。

 パン助でした。
 
posted by pansuke at 23:22 | Comment(3) | 開業前に必要な知識