2013年01月30日

それでもパン屋をやりたい人の作戦その2

 こんにちは、パン助です。

僕が過去にインターネットでパン屋情報をよく探していた時のこと。
 ヤフーオークションでは、意外な商品が売られているのをご存知ですか?

僕はわずか2年で2回しかみませんでしたが、、、。

 その商品とは、、、、


パン屋です。

 ヤフーオークションで、パン屋の写真が貼ってあって、○月×日に空き店舗になりました。オーナー募集とか書かれているのです。

これは、パン屋の居抜き物件で、それを丸まるそのままの状態でそのオーナーがお年なのか、事情で辞めてしまうので、そのままパン屋になりたい人を募集しているようでした。材料も道具も揃っている状態でそのまま始められるのです。

 ただ、おそらくですが、よっぽどきちんとした人に貸さないと、もし今僕のような人がそれを見つけたら、、、

 そのまま借りた後に道具と機材だけ持っていなくなっちゃうなぁ(笑)(そして売る)

そういう所のいい所は、もし前オーナーがいたら、売上情報とか聞けちゃいます。そのオークションの時は、月商200万円のパン屋と書かれていましたので、一日8万円前後の売上が想像できるのではないでしょうか。

 一日8万円もの売上があるなら、いいなぁと思いつつも、やっぱりそれでもネットで募集するぐらいだから、なかなか人が見つからないんでしょうね。

 もし暇だったら、ヤフーオークションで、パン屋とかベーカリーとかで検索すると、予想外の商品が見つかることもあるかもしれません。

 最近はハード系のパンを増やしたいなぁと思いつつも、売れ行きの差が激しいので、困っています。
 売れると利益率がいいのですが、アゴを使うパンと余り見かけないパンはお年寄りの受けがあまりよくないので中々浸透しづらいんですよね。だから売れない日は全然売れない。
 高校生とかに試食で勧めると、意外に反応がいいんですけど。(なんでもおいしいと言ってくれるけどね。)

 そういう意味ではハード系のパンはお店にはお試しサイズで小さく作って、予約販売とかにすると面白いかもしんない。

パンの売り方ってホント無限大ですよね。ってことは商売も無限大なわけで、、、

 僕が前に作戦その1で書いたパン屋は最低300万と言いましたが、小さいミキサーを買って粉を買って、製造許可をすぐ取れる移動販売車を買えば、大体の仕事ができるとしたら、150万円でもできちゃいますよね。パン屋。

 でもきっと、このブログを見てる人って、ただパン屋をやりたいんじゃなくて、自分が描いてるパン屋があると思うので、そういうパン屋でやるのがやっぱり意味があるんですよね。
 
 だから今回の方法は、どんなパン屋でもいいから、始めたい人にはいいかもしんない、という作戦でした。

それでは、パン助でした。
 
 

 

 
posted by pansuke at 21:26 | Comment(4) | 開業前に必要な知識