2012年10月31日

開業ブーム

 こんにちは、パン助です。

これは独り言の、野郎の未来の日記だから気にしなくていいんだ。

 僕の1日のはじまりは実に平凡だ。

朝起きて職場に向かい、パン生地を仕込んでる間に従業員が来る、そしてアンパンやメロンパンを成形して、ちょっとお腹が空くので朝ご飯に、昨日残ったパンをつまんで缶コーヒを開ける。
 コーヒーを飲み終わる頃には仕込んだ生地が膨らんで、僕は食パンやらドーナツやら生地をカツカツ分割して、途中でフランスパンをパンチ、そして成形に入る。ギリギリの時刻にもう一人の従業員が来て、眠そうな顔して皆に挨拶。
 いつの間にか膨らんで来たメロンパンを従業員が焼き始める頃には、もう一人の従業員がパンを並べてプライスカードをつけて売り場ができあがっていく。そして、メロンパンのいいにおいがすると、そろそろ開店時間。
 お客さんを迎えるため、今日のオススメを書いたメニューボードを外に出して、売り場のカーテンを開く。

 僕は淡々と食パン生地を伸ばしたりドーナツでわっかを作りながら、いらっしゃいませの声に売り場を見ると、昨日残ったパンの詰め合わせコーナーに真っ先に目を向けるお客さんがいて、余ったパンをみて大喜び。僕の心境とは裏腹だけど、まぁ、昨日パンが余って良かったなと思う。

 そして、そんな朝の平凡になれてくると、その日うまく焼けたパンはほとんど記憶に残らなくなって、うっかり焦がしたパンや失敗したりへんてこな形ばかりのパンが記憶に残る。それを見て笑ったり、凹んだり、でもそれもいつの間にか、それも、それ以外の雨の日だったり暑い日だったり作りすぎて余ったパンも、全部、いつの間にか慣れてしまって。

 毎日パンを作る事が当たり前になって、気付けば年もとって、春の来ない僕は春限定の桜アンパンももう何度作っただろう、粉袋を小麦子と呼んで何度抱きしめただろう。僕の両手はまるでパンを作るために生まれて来たみたいにふっくらだ、気付けば顔もお腹もふっくらだ、、、。


 

 、、、すみません、開業ブームの話でしたね。

いや、あまりに生々しい未来が想像できたので、つい愚痴のごとくよだれのごとくアホな言葉がでるでる。

 さて、開業ブーム、いや、そうなるかなぁって。

なんて言うか、消費税が増税するじゃない。すると、今開業したいと思う人はこう思うんだ。
 パン屋ってすっごい開業費かかるのに、増税したら開業費が+3%かかっちゃう!!早く開業しなきゃ。

 いやいやいや、困る困る。バターとか取り合いになっちゃう。今のウチに何手か契約増やしておかなきゃ、ケーキ屋もパン屋もこぞって開業してみんなマーガリンになっちゃう。

 でも、やっぱ世の中そんな甘くないわけで、急いで作った物は脆いもので、急速に収縮していくようで、、、。
そしたら良質な中古品もたくさん出回るし、第一次開業ブームの後にはそれをエサにした第二次開業ブームができて。


 結局、、、「今!!!」って思った時にやるのがいいんですよね。
いや、世の中の情勢とか見ながら合わせて狙って仕掛けられる人ならいいんですけど、世の中から見れば、パン屋をやるのにベストな時期なんて無いので、例えば春夏秋冬のいつの時期にパン屋をやれば良いか?と聞かれても、僕は今なら売れる秋口よりも前に開いてお客さんの対応や段取りを整えてから、冬場の売上が取れる時期に向けて開いた方が良いと思うけど、売れる時期に一気にガッて売った方が良いという人もいるだろうし、何より、おいしいパンができて、これなら売れる!って思った瞬間にやってもいいし、結局答えは自分自身が「今!!!」って思ったその直感的な所によると思うんだ。

 でも、この増税前の時期には、僕もどうせならちょっとでも安く新品の機材を買いたいと思うので、買い替えの時期になると思うんだよね。すると、やっぱり中古が出回る時期が増えるので、それ狙いの新規開業者も増えるんだよね。

 開業するための設備を先に買っておくのもいいけど、あんな場所取るの保管するのにまたお金かかるので、、、。
ちなみにメーカーに保管するのにも、僕は過去に使っていたオーブンを2台保管してもらって、この増税前に売っておこうと思いましたが、すでに毎月5千円の保管料金を取られています。ちょっともったいない。

 あ、でもそうすると、開業の前にパン教室とかパンを覚えたい人も増えるのかな、となると、今やるなら、、、


 って、色々考えないでください!そりゃあ、今やるならリサイクルショップとか絶対儲かると思うけど、結局は、最終的にパン屋をやるなら、、、

 おいしいパンを作ってくれーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



 という事です。何にせよ、お金が無くちゃ開業できないし、時が進めば増税はするし、お腹が空けば御飯を食べるし、眠くなったので僕は寝ます。
 
 
 それでは、パン助でした。

posted by pansuke at 00:16 | Comment(2) | 日記