2017年10月11日

失敗の経典「あきらめたらそこでホイロオーバー(過発酵)だよ」

 こんにちは、パン助です。
今回はちょっと漫画とかアニメに偏った内容なので、パンとは関係の無い話が多いですが、、、。


ふと、さっき深夜に魔方陣グルグルというアニメを見ていたら、そういえばこのブログを書くきっかけになったアニメだったと思い出した。

ちょっと真面目に言うのもアレなんだけど、今回のアニメ14話で、
敵の魔法使いが資料を探してて「失敗の魔法の資料は無いのか!!」と言ったら
その子分が「失敗なんて恥ずかしくて記録しませんよ」っていうやりとり。
そして魔法使いが「もし、失敗を元にした魔法があったとしたら、、、」ゴゴゴゴ・・・

このやりとりがまだ中学か高校ぐらいの時に買ったこの漫画に描いてあって、僕は「失敗を恐れるな、何事にも挑戦だ!!」というような失敗にかかった言葉が好きなので、この言葉も覚えていた。
 だから、失敗も書いてあるパンの開業のありさまが載ってるブログも面白いかもな、と思っていたのだ。
そう、魔方陣グルグルはこのブログのきっかけのひとつなのだ(笑)


 何気にアニメや漫画のセリフって影響を受ける言葉が多い。
宇宙兄弟のシャロンおばちゃんの「迷ったときはね「どっちが正しいか」なんて考えちゃダメよ。日が暮れちゃうわ!「どっちが楽しいか」で考えなさい」は今でも頼りにしてる言葉。


 あと、こういうブログでただ自分では情報発信をしているだけと思っていても、その情報や僕の生き方にいちゃもんをつけたりしてくる人もいる。でもそういう人達、いわゆるアンチに全て立ち向かっていたら身が持たない。 そんな時は漫画、ワンパンマン。

主人公サイタマに嫌がらせの手紙を送りつけてくる奴がいるんだけど、その時のサイタマのセリフ
「ヒマな奴がいるな」コレ。この一言。
一見シンプルだけど、たしかに暇じゃなきゃ他人の悪口なんてわざわざ送り付けないし、名前もわからない匿名野郎にイチイチ腹を立てるのも馬鹿らしい。そういえば、僕が3店舗目を出したときに毎日文句を言ってきた隣の店の美容師はお客さん一日2、3人でヒマそうだったなあと思うと、わざわざ時間作って嫌がらせや小細工にくるのもなんだかかわいく見えたりしてしまうのだ。この作者は達観してるなぁと感心するレベル。
これは本当に気持ちを切り替えるのにありがたい一言だった。


 あとは、ワンピースの白ヒゲがスクアードという仲間の海賊に斬られた時に言った
「だがスクアード、親の罪を子に晴らすなんて滑稽だ、、、エースがお前になにをした、、、!」
これは、スクアードがゴールドロジャーという海賊を憎んでいて、そのロジャーの息子という理由だけでエースを憎んでいた。それを払拭させる言葉。この「エースがお前になにをした」が僕の心にヒットした言葉。

 これは僕自身が許せないことや怒りが解消されないまま時間が経った時に、どこかで八つ当たりで憎しみの対象が広がったり移ったりしてしまうことがあった。
例えばだけど、喧嘩したアイツが憎い、アイツが悪いでもアイツには勝てないからアイツの友達を殴ろう、アイツの友達だから殴られても仕方ない、悪いのはアイツだ、、(例えばだよ!)と、つまり単純に言えばただの逆恨みである。でも逆恨みや八つ当たりなんて現に今の世の中に物凄いあるのだ。特にネット社会だと、僕が誰かわからん匿名野郎から嫌がらせを受けたとする。でも、僕自身はその匿名野郎に何かしたっけ?っと思うのだ。
 
僕自身親が転勤族で小さい頃から10回以上引っ越しをしていたので、理不尽な嫌がらせを受けることもあった。理不尽な嫌がらせって受けてる方はなんでこんなつらい目に?自分が何か悪いことしたのかな、自分が悪いんだ、、、僕がいなければ、、、と不安に思ったりする。でも、この「エースがお前に何をした」は、裏返せば自分自身がその相手に何もしていないのなら堂々としていればいい!っていう理不尽に立ち向かう強さを与えてくれる言葉だったし、単純に自分が逆恨みしそうな時に目を覚ましてくれる言葉でもあった。
 で、どうでもいいが僕はエースが好きである。(本当にどうでもいいw)


 そんなわけで、僕はいつかの未来でたくさんの失敗を並べた経典を書いて名台詞を残したいと思う。

ちなみにタイトルの「あきらめたらそこでホイロオーバーだよ」はどこかのバスケ部の監督が言ってそうだけど、僕の言葉です。どこかであきらめて肩を落としてるパン職人がいたら、肩をポンとたたいて言ってあげてください。(笑)


 それでは、パン助でした。
 
【開業前に必要な知識の最新記事】
posted by pansuke at 05:46 | Comment(0) | 開業前に必要な知識